U22

就活

首都圏企業が注目し高い内定率 地方大の東京就活組の悩みとは 就活リポート2019(10)

地方のミカタ 佐久間大

2018/5/25

NHKニュースによると「5月1日時点で就職内定率は42.8%(リクルートキャリア調べ)」でした。一昨年が25%、昨年が35.1%と、年々5月1日時点での内定率が上がってきています。そのなかで、地方大学から東京に来て就職活動している学生の実態はどうでしょうか?

まず、弊社が運営している「就活シェアハウス」の昨年の2月から6月までの稼働状況をご紹介したいと思います。地方のミカタの利用者は、地方国公立大学の学生が6割強です。テストやレポートの関係上、上京できるのが2月14日のバレンタインデー前後になることが多く、そこから4月までの稼働率は常に90%前後と、満室状態が続きました。4月からはゴールデンウィーク(GW)だけではなく、履修登録の手続きや必修の授業、ゼミなどで大学へ戻る学生も増え、徐々に稼働率が低下しました。経団連企業からの内定が出る学生が増えた6月は稼働率が約30%程度でした。

内定率10ポイント高く

地方のミカタが運営する就活シェアハウスでの様子

つまり、東京就活組の7割の学生は、6月までに就職活動を終了した計算になります。同時期の全国の内定率が61.9%(リクルートキャリア調べ)だったことを考えると、東京就活組の地方学生の方が、約10ポイント高い結果となりました。

今年も同様に国公立大を中心とした地方大生の東京就活組の内定率は全国平均を上回っているものとみられます。

ではなぜ、東京就活組の地方学生の内定率が高いのか?これは企業の採用側面を紐解く必要があります。一昔前は、地方支社へ配属するための現地採用として、地方採用を行っておりました。5,6年前からは、「首都圏だけで母集団を集めきるのが困難」ということで、東京勤務の求人募集を地方へ出向いて採用活動をする企業が増え始めました。当時は、仙台、名古屋、大阪へ出向くことが主流でしたが、その後、札幌や福岡までエリアを拡大する企業が増加しました。地方の学生は東京の企業と出合うことが少なかったこともあり、先んじて地方展開を実施した企業はその恩恵を受けました。しかし、札幌や福岡へ出張採用する企業のさらなる増加に伴い採用イベントも多く行われるようになりました。

地方のミカタの調査では、地方学生の就職地域の志向としては、地方大都市がメーンで、東京で就職する人は1~2割と少数派となります。しかも、東京で就職をした学生の優秀さに気づき、積極的に東京就活組を狙う企業もベンチャーを中心に増えています。それが、ここ2~3年の「地方からわざわざ東京に出てきて就職活動をしている学生を採用したい」というニーズが顕在化した理由です。

U22 新着記事

ALL CHANNEL