U22

就活

AI面接体験会に密着~「人の面接官より緊張しました!」 就活リポート2019(8)

日経HRコンテンツ事業部長・桜美林大学大学院非常勤講師 渡辺茂晃

2018/3/19

「なぜその活動を始めようと思ったのか、もう少し詳しくお話しください」という機械的な女性の声がスマートフォンから聞こえてきました。すると、女子学生がスマホに向かって、「はい。私は大学の先生から......」と話し出す――。これは、AIが面接官をするというAI面接の受検風景です。今回は帝京大学が実施したAI面接の体験会を紹介します。AI面接とはどのようなものなのでしょうか?

スマホが倒れないように固定

就活解禁を2週間後に控えた2月15日、東京・八王子にある帝京大学八王子キャンパスで、タレントアンドアセスメントが提供するAI面接サービス「SHaiN」の体験会が行われました。帝京大学は就活を控えた3年生100人にAI面接を無料受検できるようにし、受検結果をもとに就活指導をすると言います。

顔が映る位置を調整して面接スタート

当日は男女2人の就活生がモニターとして受検。「AI面接は人がする面接とどう違うのか知りたいと思って参加した」という風見修平さんは、現在4社の選考を受けている途中で内々定も1社持っています。さっそく、スマホを倒れないように固定し、画面に顔が映るように調整してからアプリを起動。

「ゼミや部活、サークル活動、アルバイトなどで、とても苦労したことや困難な状況を乗り越えたという経験はありますか? 「はい」か「いいえ」でお答えください」。女性AI面接官の質問でいよいよ面接スタートです。

AI面接官の質問は「過去の経験」のみ

AI面接は専用アプリをダウンロードし、企業から送られてくる案内メールにある「本人認証用URL」をタップするとアプリが自動的に起動します。ガイダンスで注意事項(バッテリー残量や通信環境の確認、機内モード設定にすることなど)の説明があり、それから面接が始まります。AI面接「SHaiN」でされる質問は、「学生生活で力を入れたこと」などの過去に対する質問だけで、「どのような働きたいか」という将来に関する質問や「志望理由」などの質問はありません。あくまでも過去の経験について質問しながら、その人の持っている行動特性を測っています。

質問への回答によって得られた過去の行動データから「バイタリティ」「イニシアティブ」「対人影響力」「柔軟性」「感受性」「自主独立性」「計画力」の7つの要素を計測し、面接中の表情、質問に対する回答の適切さなどから「インパクト」「理解力」「表現力」「ストレス耐性」の4要素を計測しています。受検結果は11要素の高低と各要素に該当する経験が示され、その結果を採用担当者が確認・評価して合否を決めることになります。

「もう少し詳しく」「具体的に」の質問が続く

風見さんの面接に戻りましょう。風見さんはべトナム人留学生と交流し、日本の生活に馴染んでもらうことを目的にした活動をテーマにし、日本語学校に出向いて「日本の大学生の日常」をプレゼンした経験について話しています。この説明に対してはAI面接官と風見さんの間で以下のようなやりとりが続きました。

風見修平さん

AI面接官 「活動してきた結果、得られたことは何ですか?」

風見さん 「相手を思いやる気持ちを持つことの大切さを学びました。私たちはベトナム人への配慮が足りたいために......」

AI面接官 「学生生活において自分で立てた高い目標や達成困難な課題などをやりきったという経験はありますか? 「はい」か「いいえ」でお答えください」

風見さん 「はい」

AI面接官 「その高い目標や達成困難な課題とはどのようなことでしたか?具体的に教えてください」

風見さん 「私の目標は人前で堂々と話すことが......」

AI面接官からは「具体的に教えてください」「もう少し詳しく教えてください」という質問が続き、約70分ほどで面接は終了。面接を終えた風見さんは「スマホの画面に集中し続けるという独特の緊張感があって大変だった」と振り返りました。特に過去の経験について話した後、AI面接官から「『もう少し詳しく』『具体的に』と言われたときには、どう伝えればいいのか迷った」と話してくれました。

U22 新着記事

ALL CHANNEL