資産運用「必要性感じる」が5割 20~30代がけん引QUICK資産運用研究所が調査

つみたてNISAやイデコをきっかけに投資デビューする人が少なくない(写真はイメージ)=PIXTA
つみたてNISAやイデコをきっかけに投資デビューする人が少なくない(写真はイメージ)=PIXTA

新たに資産形成・資産運用を始める個人投資家の裾野がじわりと広がっている。QUICK資産運用研究所が11月に実施した「個人の資産形成に関する意識調査」では、積み立て型少額投資非課税制度(つみたてNISA)や個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)を利用している人の半数近くが、投資経験1年未満の初心者だったことが分かった。

つみたてNISA、認知度向上

 調査対象は全国の20~74歳までの個人。日経リサーチを通じて11月にインターネット経由でアンケート調査を実施し、5075人から回答を得た。

 一般NISAとつみたてNISA、イデコのうち、制度を「利用している」と答えた人の割合が最も多かったのは一般NISAの16.4%。イデコは6.7%、つみたてNISAは4.1%にとどまった。

 ただ、つみたてNISAが始まって1年近くがたち、その認知度はぐんと向上した。前回2017年12月に実施した調査では、つみたてNISAが始まることを「知らなかった」と答えた人が7割にのぼったのに対し、今回は「知らない」と答えた人が4割を下回った。

 制度浸透は道半ばだ。今回調査でも「聞いたことはあるが詳しくは分からない」が全体の3割を占め、制度に関心を持ち利用を始めた人はまだ少数派にとどまっている。

半数近くが投資初心者

 各制度を利用している人の投資経験をみると、つみたてNISAとイデコの利用者は半数近くが投資経験1年未満の投資初心者であることが分かった。2018年1月につみたてNISAが始まったほか、17年からはイデコの対象が現役世代のほぼ全てに広がり、加入者は8月に100万人を突破した。制度面の拡充をきっかけに、投資デビューする人が少なくないようだ。

※対象は各制度を「利用している」と答えた人
注目記事
次のページ
資産形成の必要性、若年層で高まる
今こそ始める学び特集