旅行・レジャー

ナショジオ最新号

遺伝子解読でオーダーメード 精密医療の最前線

日経ナショナル ジオグラフィック社

2019/1/1

ナショナルジオグラフィック日本版

体や遺伝子が人によって違うなら、医療も人に合わせて行えればいい――こんな世界が間近に迫っている。ナショナル ジオグラフィック2019年1月号「あなたに合わせた次世代の医療」では、DNA解析やデータ解析技術の進歩で、がんや心臓病のリスクを予測し、最適な治療や予防が選べる精密医療の今をレポートしている。

◇  ◇  ◇

従来の医療では大多数の人に効果がある治療法が推奨され、薬が処方されるが、それが個々の患者に合うかどうかは分からない。精密医療はこの定式を覆す。その前提には、人間は分子レベルで一人ひとり異なる特徴をもち、そうした個人の特徴が健康に驚くほど大きな影響を及ぼしている、という認識がある。

世界中の研究者が、10年前には想像もできなかったような技術を次々に開発している。DNAの高速解析、組織工学、ゲノム編集などだ。ゆくゆくは科学技術の進歩で、がんや心臓病をはじめ、無数の疾患のリスクを、その兆候が表れる何年も前に予測できるようになるだろう。将来的には受精卵の遺伝子を改変して、遺伝性疾患を撲滅できるかもしれない。大いに希望をもつか、深い懸念を抱くかは見方によりけりだが。

最近では、極めて厄介ながんにオーダーメードの治療を施す研究も進む。2018年春、免疫療法のパイオニアである米国立がん研究所のスティーブン・ローゼンバーグ率いるチームが、患者自身の免疫細胞にがんを攻撃させる実験的な治療で、劇的な回復を遂げた事例を報告した。チームは転移性乳がんの患者、ジュディ・パーキンズの腫瘍のDNAを解析して、変異を特定。さらに腫瘍浸潤リンパ球(TIL)と呼ばれる免疫細胞も採取し、腫瘍の遺伝子変異を認識するTILを選んで培養、何百億個にも増やして、パーキンズの体内に戻した。併せて免疫チェックポイント阻害剤のペンブロリズマブも投与した。治療から2年以上たった今、彼女にはがんの兆候はまったく見られない。

言うまでもなく、たった一つの成功例で医療に革命を起こせるわけではない。現にローゼンバーグの臨床試験に参加したほかの2人の患者は死亡した。「小さな明かりが一つともっただけです」とローゼンバーグは言う。「もっとたくさんともらなければ、免疫系の制御に必要なデータは得られません」。大きな変化を巻き起こすのは、この治療そのものではなく、治療から見えてきた精密医療の可能性なのだろう。個々の患者の体内でがん細胞を増殖させる遺伝子の特異的な変異が、がん治療の鍵を握っているのかもしれない。

30年前には、遺伝子の暗号を解読することや、ヒトゲノム(ヒトの全遺伝情報)を構成する32億の塩基対の配列をすべて明らかにすることなど不可能だと思われていたと、腫瘍学者のラゼル・カーズロックは言う。「そんなことは絶対にできっこないといわれていました。ところが2003年に不可能が可能になったのです」

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL