外国人のイチ押しは亀戸!? 談笑流TOKYO観光ガイド立川談笑

JR亀戸駅周辺では東京スカイツリー(左後方)が迫ってくるように見える(東京都江東区)
JR亀戸駅周辺では東京スカイツリー(左後方)が迫ってくるように見える(東京都江東区)

日本が「観光立国宣言」をしたのは2003年、小泉政権のときでした。「計略図に当たった」とはこのこと。今や海外からの観光客が増えたのなんの! そこで今回は、特に東京の観光スポットの変化を見てみます。東京の下町で生まれ育った私が驚くような変化がいろいろとあります。

灯台下暗しを痛感したのは数年前。「欧米人から見て、東京で一番クールな場所って、どこです?」と私が質問した相手は、スペイン人。彼は東京が大好きで、欧米向けの観光ガイドブックを出版したくらい。しかも各国語に翻訳されてベストセラーにまでなった人です。つまり、欧米系のガイジンさんの嗜好がよーく分かっている。そういうスペシャリストです。

その彼が考える間もなく答えました。「都内で一番クールな街、それは、カメイド、デース!」。「カメイドォ? ……まさかあの、錦糸町のとなりの、亀戸!?」と半信半疑の私に「ソウ!」と自信満々にうなずくんです。

うわあ! 亀戸ったら東京の下町。しかも地元、直撃です。なにしろ私は、もろに学区内に亀戸駅が入る第三亀戸中学校の出身なのですよ。驚きつつ、じっくり話を聞いてみました。亀戸のどこがいいんだ、と。

JR亀戸駅周辺の飲食街(東京都江東区)

彼いわく「欧米では地下埋設が一般的な電柱と電線が、むき出しになって頭上を交錯してるのが驚き」。さらに「居酒屋なんかの看板がやたら派手で美しい」と。なるほど。でもそんな景色は日本中どこにでもありそうだよ。他に何があるの?

すると続けて「それでいて、瓦屋根だとかモルタル壁だとか、地味な日本的要素がちりばめられている」。うんうん。確かにそう。「その景色の向こうに超未来的な東京スカイツリーが間近に見える。それはここしかない」。

JR総武線沿いにある亀戸駅東口自転車駐車場(東京都江東区)

とまあ、こんな話。なるほどねえ。亀戸の絶景ポイントとして案内されたのは駅の東口に昔からある駐輪場でした。らせん状のフロアがぐるぐるとした3階くらいの建物です。「オー、クール!」

学生時代にさんざん世話になった、ごく日常の駐輪場です。どこが「クール」なのか、さっぱり分からん。きっとまだ情報に偏りがあるんでしょうね。場所によっては外国人観光客が押し寄せて困るほどだったり、意外にまだまだ知られてなかったり。

エンタメ!連載記事一覧