卒業論文で泣かないために今すべきこと大学のトリセツ(2)

法政大学キャリアデザイン学部准教授 田中研之輔

法政大学キャリアデザイン学部准教授 田中研之輔
2017/10/27

毎年10月になると、私のゼミに所属する4年生が急に焦り出します。12月中旬の卒業論文の締切に向けて、「そろそろ本腰を入れないとまずい」と感じるようです。私が所属する学部は、毎年、12月中旬に学部窓口へと提出します。遅れたら、学務は卒業論文を受理しません。締切厳守です。

私のゼミでは4年生全員が2万字以上の研究論文を執筆します。2万字というのは、原稿用紙で50枚です。小学校の読書感想文は、原稿用紙3~5枚でしょう。また、大学に入って学期末に書いてきたレポートは、2000字から4000字程度のものです。

つまり、卒業論文に取り組む4年生は、読書感想文の10倍、レポートの5倍の分量のものを、生まれて初めて書くことになるのです。

卒業論文の執筆でやってはいけない3つのこと

卒論は「型」を身につけよう

1 締切直前に寝ないでやっつける

「卒論大変だった~。締切前の3日、一睡もしないで書いたよ~」といって卒業式を迎える学生がいます。普通、2万字を3日で書くことはできません。たとえ書けたとしても、それは卒業論文ではありません。殴りタイピング(=殴り書き)された悲しき文字の集積物にすぎません。これが一番悲惨なケースです。

2 無自覚なコピー&ペースト

卒業論文を読んでいると、このアイデアはインターネット上のどこかの記事や論文をコピーして貼り付けたなという文章に遭遇します。まず、文章の構造やリズムが自分の文章と変わります。本人は気がついていないようですが、論文を読む方としては一発で見抜けます。

ただ、誤解をしてはいけません。論文というのは、「引用はOK」なんです。どこの文献のどの部分からの引用で、まずそのことを明記する。その上で、引用した文章に対して、自らの意見を述べていく。これは研究論文のスタイルなのです。分量が足りないからといって、適当な文章をコピーしてそれを貼り付ける、その行為で損をするのは、あなた自身です。

3 何も見ずに、思ったことを書く

自分の考えを書いているので、やっつけ論文や無自覚な引用論文よりはましです。ただし、思ったことをそのまま書くのは、卒業論文ではありません。卒業論文には、書き方の型があります。関連する先行研究を検討し、それに対する見識を述べなければなりません。卒業論文は、あなたの独創的な世界観を示す場ではないのです。

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
大学の約束