健康・医療

from 日経Gooday

「お酒は太らない」は誤解 ワインなら2杯が適量 酒好き医師が教える飲み会対策

日経Gooday

2019/1/10

(『マンガでわかる 酒好き医師が教える最高の飲み方』日経BP社)より
日経Gooday(グッデイ)

飲み会シーズンに、毎晩のように飲み歩いているみなさんに気をつけていただきたいのが「脂肪肝」です。中高年男性の約半数が脂肪肝といわれており、そのまま放っておくと、肝硬変や肝臓がんなど怖い病気に進んでしまう場合があります。つまみの選び方や飲み過ぎに注意しましょう!

◇  ◇  ◇

若いころは浴びるように飲んでもなんともなかったのに、年を取ってからは、健康診断の肝臓に関連した数値にビクビク、なんていう方も多いと思われます。

それでも、「毎日浴びるように飲む」のをやめられない人は、「脂肪肝」を疑ってみたほうがいいかもしれません。

脂肪肝とは、肝臓に脂肪がたくさんたまった状態のこと。いわば“フォアグラ状態”を指すのですが、飲酒が脂肪肝の直接の原因であること、また脂肪肝から肝硬変や肝臓がんへと進んでしまう場合があることが分かってきました。

■中高年男性の半数は「脂肪肝」

脂肪肝はとても身近な病気です。中高年男性なら、その半数が脂肪肝ともいわれています。だからといって、健康診断で「脂肪肝の可能性が高いですね」と指摘されても何もしなくてもいいのでしょうか?

拙著『マンガでわかる酒好き医師が教える最高の飲み方』から、脂肪肝の原因について“酒好き医師”に解説してもらいましょう。

健康・医療 新着記事

ALL CHANNEL