U22

ストーリー

マクドナルド復活 カサノバ氏と2人の異端児 マクドナルド復活の仕事人たち(1)

2018/12/20

2014年の鶏肉偽装問題のどん底からはい上がり、全国2900店の売上高が36カ月連続成長を更新中の日本マクドナルド。カナダ出身のサラ・カサノバ社長(53)、「外部」から来た2人のキーマン、毎年3分の1が入れ替わるという14万人のクルー(店員)たち。異色の仕事人たちが会社を大きく変えた。

日本マクドナルドの強さの秘密は。死角はあるのか。経営幹部やOB、店長・元店長、パートやアルバイトまで50人を超える人々に取材しました。5回連載でお届けします。

■一人歩きしたイメージ

「カサノバ社長は逃げたな、と。あのときはそう感じました」。

マクドナルドのフランチャイズ店を運営するあるオーナーは2014年7月のことをこう振り返る。

鶏肉期限偽装問題で記者会見するカサノバ社長(2014年10月)

7月29日、チキンマックナゲットなどに使う鶏肉の使用期限偽装が発覚してから10日後にカサノバ社長は記者会見を開いた。騒動を謝罪する一方で、「マクドナルドはだまされた」と語ったのだ。日本マクドナルドホールディングスの社長に就任して半年たらず。衝撃的な不祥事で彼女の顔を知った人も多かった。

「自分たちも被害者だ」といわんばかりの発言と、強い意志を感じさせる風貌も手伝って、「すきを見せないやり手の欧米経営者」というイメージができあがった。「だまされたと主張することで責任を回避し、日本を去って次のステップに進むんじゃないか」(危機管理の助言会社社長)という見方もあったという。

■カサノバ氏は大きな「袋」

カサノバ氏が逃げることはなかったが、鶏肉問題に異物混入騒動も加わった。3日に1度は通うほどファンだった東京都内のある主婦は、騒動から都合1年間マックから遠ざかった。「マックに行くと『意識低い人』と言われそうな風潮があった」。

売上高は最大で4割減にまで落ち込み、筆頭株主の米マクドナルドが株式を一部売却するとの観測まで流れた。

それから5年。カサノバ氏が、日産自動車のカルロス・ゴーン元会長のように、強力なリーダーシップとカリスマ性で会社を引っ張ったかというとそうも見えない。首都圏で店長を経験した50代のOBは「カサノバさんは大きな袋のような感じ」と表現する。「隣のお母さん」と表現する人もいる。

カナダのバンクーバーで育ち、1990年にマックマスター大学大学院を修了、翌91年にマクドナルドのカナダ法人に入社した。スイミングに没頭していた幼いころからマクドナルドのハンバーガーが好きだったが、採用面接では一度落とされている。自ら手紙を書いて直訴し、入社を許されたという。

(続きを読む)

[日経電子版2018年12月20日付]

U22 新着記事

ALL CHANNEL