ひと

プロ直伝! カシミヤセーターの「失敗しない選び方」 UTO社長 宇土寿和氏(上)

2018/12/22

「カシミヤセーターで単色系の製品が多いのは、セーターそのものがコーディネートされる側の製品だからです。もちろん2色や多色のセーターをつくることは可能ですが、セーターの自己主張が強いと上着やパンツに合わせにくくなります。自分の持っている上着などに合わせて、使い勝手の良い色を選んでほしいです」

■年齢を重ねるにつれ、明るいクリアな色を

――オンとオフで、どのように使い分けたらいいでしょうか。

「オフビジネスのときは楽しいカラフルなセーターがいいでしょう。オンビジネスではスーツに合わせて目立たない色を。ポイントは周囲の人に既視感が生まれないように注意すること。『あれ、昨日も同じセーターだったな』などと思われたら、せっかくのコーディネートが台無しです」

「20歳代のビジネスパーソンはベーシックな紺や黒を。年齢が上がるにつれて明るいクリアな色に挑戦してみてはいかがでしょう。高齢になれば多少顔色もくすんでくるので赤やイエローなどを着こなすのが一つの常道ですね」

「ブランドや糸の種類、使用量の違いが『作り』を決める」と話す

――カシミヤ製品は英国製や欧州製の方が「作り」がいいとする声もあります。

「『作り』を決めるのは、欧州とか日本とかの違いではなく、ブランドや糸の種類、使用量の違いです。伝統的に英国は1本の糸からそのまま編む単糸を使いますが、日本は単糸2本を撚って一本の糸として編む双糸を使います。単糸の方が膨らみ感は出ますが、毛玉や編み地が斜めに傾く『斜行』が生じやすくなります。英国人はあまり気にしないようですが、日本では斜行したセーターは返品です」

「天然素材であるカシミヤは、長い年月着用すれば、劣化は避けられません。詰めて編み、弱めに縮絨すれば硬めにできあがり、より長く愛用してもらえます。当社では1シーズンに3~4回手洗いし、3~4年経た頃が一番なじんでくるように作っています」

■オーダーメードは長年の経験と勘で調整

――最初のカシミヤセーターを購入する価格帯の目安はどうでしょうか。

「個人的な意見ですが、5万円プラスマイナス2万円の範囲で考えたいですね。当社の男性用のオーダーメードセーターは平均5万円からです。一枚一枚個別に製作しているので既成セーターも5万円です」

――オーダーメードであつらえてもらう場合、寸法はどのように測るのですか。

「一人ひとりのお客さまの型ごとに指示書を作り、それに従って製作するのはスーツの場合と同じです。2センチメートル幅を出すときはその分の針立てを増やし、5センチ短くするときは編み回数を減らします。しかし設計図通りに進んでも仕上がりが微妙に違ってくるのがカシミヤセーターの特徴です。セーターには伸び縮みが出るからです。長年の経験と勘で調整しながら作り上げていきます」

Latest