オフィスで着けるアクセ 東西で好みはこんなに違う日経×FUN UP共同 みんなのアクセサリー調査(下)

「東日本と西日本、アクセサリーの趣味はどれぐらい違う?」。日経ウーマノミクス・プロジェクトと、アクセサリーデザインアプリmonomy(モノミー)を開発したFUN UP(東京・渋谷、山口絵里社長)の共同調査で、地域や年代によってアクセの趣味が大きく異なる実態が浮かんだ。出張の時にどんなアクセを着けたらいいのか悩む働く女性の参考にもなりそうだ。

日経ウーマノミクスとFUN UPは、monomyの利用者を対象に、オフィスに着けていきたいアクセサリーのデザインコンテストを実施した。今回はイヤリング・ピアス編。全国47都道府県から参加があり、使われたパーツを、耳たぶに接するベースパーツとそれ以外のパーツに分けて、地域ごとに分析した。

東は「実用」と「すっきり」、西は「装飾」と「大人っぽさ」

まずはベースパーツから。東日本で好まれたのは、耳が痛くなりにくいシリコンだったり、アレルギー用の樹脂だったり、実用面を重視したパーツ。装飾的な要素は最小限に抑えられていた。

耳が痛くなりにくいシリコン付きイヤリングS

一方の西日本で最も人気だったパーツは、波打つ形のウエーブスクエアと呼ばれるもの。このほか、光るミラーや石が施されているものもよく使われており、ベースパーツの段階から装飾を意識している心理が読み取れた。

ウエーブスクエアピアス

次に、ベースパーツからつながるパーツを見てみよう。東日本は黒いウッドリングがランクインしたほかは、クリスタルやパールといった透明だったり白っぽかったりするものが上位に並んだ。いわゆる清楚(せいそ)なイメージだ。

スワロフスキースクエア クリスタル

これに対して西日本で好まれたのは黒い石。スクエア型が人気なのは東西変わらないが、東が透明なスクエア素材が上位に入ったのに対し、西は黒。今回のコンテストの基本パーツである黒のガラス製ビーズからの連想という面もあるが、全般的に黒が好まれているのは間違いない。

スワロフスキースクエアジェット
次のページ
社内の視線を意識する30代、40代は堂々と