最後の最後で詰めの甘さを露呈! 販売結果は?明大生、ベトナムで文具を売る(7)

明治大学"ジャパネット冨田"

明治大学"ジャパネット冨田"

またまたシンチャオ! 今回は木村悠衣が担当します。12月に入り日本はすっかり冬ですが、ベトナム・ホーチミンの最高気温は30℃を超すようです。あったかい、あったかすぎる!(笑) ちなみに、ベトナムで暖かいのは気温だけでなく、人柄もなんです。親身になって接してくれる優しさの塊のベトナム人。実際にベトナムについてから現地学生との交流は4日程度でしたが、今でも「風邪ひいた~」なんてSNSにあげると心配してくれるのです。

彼ら、そして留学生のザンちゃん(2回目の記事に登場しました!)そして私たちが気になってしょうがなかった結果発表と、この企画の本筋である「ベトナムのNEXT文具は何か」についての報告プレゼンテーションも販売終了日の翌日に執り行われました。ジャパネット冨田の得意科目、プレゼンテーションです(4回目の記事参照)。発表までの準備期間は1日、そう、長い夜が始まるのです......。

怒涛の深夜会議

怒涛の販売期間2日間を終え、休む間もなく翌日のプレゼンへの準備が始まります。とはいうものの、いつも以上に提言方針の骨格づくりに苦戦。最終的な提言もインパクトや具体性がなく、「うーん」と悩む声ばかりが室内に充満します。なかなかスライド作りへと進めず、気づけばメンバー全員が眠気に敗北。

こうして、私たちは当日の発表前の3時間でプレゼンを完成させることに。しかし、プレゼンが得意科目である私たちからには不安はあまりありませんでした。

壁を使ってプレゼンの骨格を相談

販売時にお客様から得られた反応やアンケートの結果から、今回の提言を形にしていきます。私たちの提言方針をおさらいすると......。デザイン性重視の製品が多いこと、またマスキングテープの利用は多くが装飾目的であることなどから、「趣味として楽しむ文具」の提案をメインとしていました。つまり、この提案の是非を握るのは「マスキングテープの売れ行き」です。そうです、思い出してください。マスキングテープが一番売れなかったことを!

もちろん「売れなかった」ということはやらないと分からなかった立派な結果になります。一方で「ベトナムのNEXT文具は何か」という命題の下では売れなかったという結果報告だけでは意味がありません。なぜ売れなかったか、売れるための働きとして何か案はあるのかなど次のステップに展開させなくてはなりません。

このとき最も必要になるのは、購入者・非購入者の意見です。つまり、アンケート結果です。私たちは購入者を対象にしてアンケートをとっていました。しかし、そのアンケートを見てみると......、あれ、商品の売り上げに対して明らかにアンケート量が少ない。そして、アンケートの内容は私たちが売った商品に関する内容よりも日本の文房具に対する普遍的な内容が中心......。

ここで私たちは、ようやく致命的なミスに気づきました。利益額1位を目指すあまり、販売間近の準備や販売期間でフィードバックに対する準備がおざなりになっていたのです。また、マスキングテープが1番売れると予測していたため、「趣味として楽しむ文具が根付かなかった理由」を深く追求する提言方針を用意していませんでした。

今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
注目記事
今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録