U22

未来エンジン

2018年度就活の旅  今、すべきこと 常見陽平 千葉商科大学専任講師

2017/2/27

「もうすぐ上場ネット企業の最終面接なんですよ。内定が出たら、1カ月しか待てないと言われているんです。どうすればいいですか?」

都内の女子大生からこんな相談を受けました。2月半ばの出来事でした。同時期に会った別の学生は、大手企業の会社説明会とSPI試験の帰りでした。

この原稿は、名古屋で開催された合同説明会からの帰りの新幹線で書いています。昨年を大きく上回る動員だったそうです。私が登壇した講演会場は超満員で立ち見まで出ていました。企業ブースも完売状態で、参画をお断りしている状態でした。

というわけで、皆さんお気づきの通り、就活は始まっていると言っていいです。本来は大学生の就活は3月1日に広報活動解禁、6月1日に選考解禁のはずなのですが。就活がますます本格スタートする3月1日を前に、就活生の皆さんが今、取り組むべきことをお伝えします。

就活スケジュールを立てよう

「3月前に準備を」と話す常見さん

まずは、今、わかっているスケジュールを書き出してみましょう。就活は時間との闘いだからです。合同企業説明会、各社の説明会などの一部はもう情報が開示されています。エントリーシートの締め切り日、面接など含めてです。開示されていない場合でも、先輩たちの情報や就職情報掲示板、キャリアセンターの情報などから昨年のスケジュールはだいたいわかります。これらの情報をもとに、仮想スケジュールを書き出してみましょう。もちろん、大学の予定なども合わせて、です。

なお、スケジュール管理に関してですが、私はGoogle Calendarなどのウェブベースのカレンダーを1週間モードで使うことをオススメします。1週間の時間をひと目見て把握し易いこと、細切れの時間も含めて自分の持ち時間がわかりやすいこと、未確定の予定などを色分けできることなどからです。このあたりは好みもあるかと思うので、自分に合ったツールを使いましょう。

書き出してみて、焦る人もいることでしょう。そう、意外に時間がないのですよ。もともと就活の長期化が問題視され、是正されたわけですが今度は逆に短期決戦になりました。自分の持ち時間がどれくらいあるのか、いつごろ忙しくなりそうか。今から把握しておきましょう。

U22 新着記事

ALL CHANNEL