米仏で体験した大統領選から日本のポピュリズムを考える学生メディア 世界を駆ける(2)

POTETO代表/慶応義塾大学4年 古井康介

POTETO代表/慶応義塾大学4年 古井康介

こんにちは。慶応義塾大学4年の古井康介と申します。現在POTETOという学生向けメディアの代表をしている者です。昨年11月に行われたアメリカ大統領選挙、そして今年5月のフランス大統領選挙の取材に現地へ行き、トランプ、ヒラリー、マクロン、ルペンの各氏の集会に参加してきました。ポピュリズムだ!と批判された米仏の大統領選挙で取材したことを踏まえて、いま日本で起こっている「小池旋風」について考えてみます。

トランプタワーの前で

大衆が詭弁的な政治家の言葉にだまされ、「愚かな」判断を行なっていく様を批判的な意味合いを込めて語るポピュリズム。そんなポピュリズムは、アタマのいい人達がありえないと思っていた結果をもたらしました。政治の素人だったトランプ候補を米大統領に押し上げ、ファーストレディ・国務長官...と圧倒的な実績があったヒラリー氏を負かしてしまいました。トランプ氏は「あり得ない」と言われながら国民の支持を得て勝利を収めたのです。一方、フランスでは世間に嫌われていたマクロン候補が、「あり得ない」ルペン候補に勝利しました。より「マシ」な候補が選ばれた結果といえます。

アメリカとフランスで起きたポピュリズム現象は、いま日本でも起ころうとしています。本来選挙は、国民がなにがしかの政治家への支持、不支持を表明するものですので、ポピュリズムを一概に悪いものとは言い切れません。では、米仏のポピュリズムの実態はどのようなものだったのでしょうか。また、日本のポピュリズムは一体どんな性格を持っているのでしょうか。

米仏の「ポピュリズム」は政策由来

米仏のポピュリズムは属人的ではあるものの、政策に由来する大衆迎合でした。選挙中は名前入りの飛行機が飛んだり、ライブのような音と光を兼ね備えた演出豊かな政治イベントが行われたりしました。賑やかしく騒ぎ立て、裸のギタリストが騒ぎ立てるトランプタワーの前の様子も記憶に残っています。これを日本の大人に話すと「ショーだったんだね」と、みなさんは半分バカにしたような、なんとも言えない薄ら笑いを浮かべてこう呟きます。ショーのような政治集会がすごかったと、興奮気味に話す僕のことを冷めた目で見ます。

では、そんな演出豊かなトランプ氏らの政治集会にはどんな人が集まってきていたのでしょうか。そこに来ていた多くは、労働者や、家族連れでした。ヒラリー氏やマクロン氏で言えば、若者や女性、LGBT(性的少数者)団体の人が多くいました。日本の国会前の政治集会=デモに参加している髪の薄くなったおじさんとは違い、米仏のデモ参加者の髪の毛はみんなフサフサでした。バカにしているのではありません。米仏の集会には若々しさとエネルギーがありました。しかも、支持する源泉は、属人的な要素はあるものの、多くは政策的な部分にあったと思います。

ニューヨークの「裸のカウボーイ」と

「トランプ氏の政策は労働者である自分たちの生活を守るもの。本当に自分たちの生活を変えうる。今までの政治家とは違うんだ」

今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
注目記事
今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録