もう迷わない スーツ選び 正しいサイズ「基本のキ」

――ズボンの裾の長さはどう決めていくのですか。

「最近、とても短くなっていますよね。カジュアルでもくるぶしが見えるパンツが好まれていますし。でも、スーツではタブーです。昔は『ワンクッション、ワンクリース』という言葉がありました。足の甲に裾が乗っかって、しわが1つできるのがいいという意味。今なら、立って甲に触れるくらいがきれい。水原さんがそう。ちなみに裾の仕上げがシングルでもダブルでも法則は同じです」

パンツの丈は甲に触れるくらいが美しい

――水原さんにはあえて、少々サイズが合わないスーツも着ていただきました。

「欠点だとはいえないまでも、着丈はちょっと短いかな。それよりも、僕が気になるのはゴージラインですよ。これは高すぎるね」

水原紳行さんにあえて、サイズ感の異なる上着を着てもらった。上着の丈が短くバランスが悪い

――ゴージラインとは何ですか。

「ゴージとはのどのこと。上襟と下襟を縫い合わせたラインです。スーツのジャケットの起源は軍服です。その詰め襟をだれかが折ってカジュアルに着て、ジャケットになっていきました。ゴージラインはその名残といえ、襟を立たせるとのどのあたりにくる」

■ゴージラインを見極めろ

「ソフトスーツの時代はゴージラインはすごく下がっていた。その後、ラルフローレンなどが少し高めにしたと記憶しています。最近の着丈の短い上着では、ゴージラインがさらに高くなっています。1センチ違うとジャケットがまったく違った見た目になるので、買うときにはよく見極めた方がいいですよ」

「若い世代は上着の丈が短く、くるぶしもみえるようなぴたぴたのスーツを多くみかけますが、すてきではないよ」

――男性でも女性でもジムで体を鍛えるのが一種のブーム。服をかっこよく着ようと体形に気を配る人が増えています。

「これからは180センチくらいの長身の人もどんどん増えてくるでしょうね。男女ともに体で勝負する時代になり、ぜい肉をつけず、全般に体形が細くなっていると思います。だからなのか、ズボンが細くなりすぎているのも気になります」

「これまでは普通サイズだと思っていた人も意識的に細身のスーツを着たくなっているのではないかな。でも、実は、男性はスーツスタイルに『時代観』をあまり出さない方がいい。右にも左にも行かずに、ルールにのっとった普通サイズに徹する。それが逆に新鮮に映り、すてきなんですよ」

(聞き手は編集委員 松本和佳)

石津祥介
服飾評論家。1935年岡山市生まれ。明治大学文学部中退、桑沢デザイン研究所卒。婦人画報社「メンズクラブ」編集部を経て、60年ヴァンヂャケット入社、主に企画・宣伝部と役員兼務。石津事務所代表として、アパレルブランディングや、衣・食・住に伴う企画ディレクション業務を行う。VAN創業者、石津謙介氏の長男。

<<「主張」してこそネクタイ まずは黒のニットタイから

「石津祥介のおしゃれ放談」記事一覧

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019