健康・医療

from 日経Gooday

オリーブオイル選ぶコツ 表示・色より生産者が肝心

日経Gooday

2019/2/4

「エキストラバージンと表示されていても、実は偽物が多い」といわれる輸入物のオリーブオイル。選ぶコツはあるのだろうか。写真はイメージ=(c)margouillat-123RF
日経Gooday(グッデイ)

近年、健康面から様々な油に関心が集まる中、最も広く日本人の生活に浸透してきたのはオリーブオイルだろう。日本で見る商品はほとんどが輸入品だが、その輸入量はこの10年(2008~17年)で1.8倍に達し、年間輸入額は350億円を突破(財務省貿易統計)。家庭用油市場トップのキャノーラ油に、金額ベースで迫る市場規模になっている。しかし、様々な商品を見かけるようになり選択肢が増える一方で、「選び方が分からない」という消費者は多い。そこで、日本オリーブオイルソムリエ協会理事長・多田俊哉さんに、日本で主流の輸入製品を軸に、オリーブオイルの選び方と保存法、使い方について聞いた。

オリーブオイル市場が拡大してきたのは、その健康効果への期待が大きいと言っていい。特に、消費者が注目するのは「エキストラバージン・オリーブオイル」。オリーブオイルの中でも最高品質の規格で、「なんとなく健康にも良さそう」と感じている読者は多いはずだ。しかし、エキストラバージンが具体的にどういうものを指すかを知る人は少ないだろう。そこで、まずはオリーブオイルの種類から整理してみたい。実は想像以上にこれが複雑なのだ。

■健康効果が期待できるのはエキストラバージン

通常、食用オリーブオイルには、「バージン・オリーブオイル」という分類の油が使われる。国際オリーブ協会(IOC)の規定によれば、これは油を変質させない条件下で機械的、物理的手段のみにより果実から油を抽出したもので、洗浄、遠心分離、ろ過、デカンテーション(上澄みオイルをすくい取るなどの油水分離法)以外の処理を経ていないオリーブオイルのこと。「つまり、生の果実から作る“一番搾り”のようなものです」と多田さんは解説する。

そう聞くと、バージン・オリーブオイルは基本的にすべて「上質のオイル」に思えるが、実際はこれには4つの種類があり食用と非食用に分かれる。

最上級のものが「エキストラバージン・オリーブオイル」(酸度0.8%以下、風味欠陥なし)、次が狭義の「バージン・オリーブオイル」(酸度2.0%以下、若干風味欠陥あり)で、食用はこの2種のみ。その下のランクとなる「オーディナリーバージン・オリーブオイル」(酸度3.3%以下、風味欠陥あり)、「ランパンテバージン・オリーブオイル」(酸度3.3%超、同上)は、いずれも日本では非食用だ(日本で販売される食用オリーブオイルの規格基準はJASが定めた「酸度2.0%以下」をクリアした「オリーブオイル」、もしくは酸度0.6%以下の「精製オリーブオイル」)。

国際オリーブ協会(IOC)によるオリーブオイルの分類

ただし、非食用油も精製されることで「精製オリーブオイル」(IOC基準では酸度0.3%以下)となり食用とされることもある。日本でよく見かける「ピュアオリーブオイル」と呼ばれる油は、この「精製オリーブオイル」にバージン・オリーブオイルを混ぜたものだ。

こうした中、健康効果が特に期待できるのは、エキストラバージンだと多田さんは指摘する。なぜか。健康に寄与するオリーブオイルの成分は大きく分けて2つ、オレイン酸とポリフェノールだが、「バージン・オリーブオイル以下の油ではポリフェノールの含有量が減り、これに由来する特有の辛み、苦みがほぼ感じられなくなるほど」だからだ。

抗酸化成分であるポリフェノールには、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を酸化から守る働きがあり、2011年には、欧州食品安全機関(EFSA)が、オリーブオイルに含まれるポリフェノールの抗酸化作用に関する健康機能表示を許可した[注1]

[注1]https://www.efsa.europa.eu/en/press/news/110728

健康・医療 新着記事

ALL CHANNEL