ノートも作れる文具専門店 銀座・伊東屋の魅力解剖

日経ウーマンオンライン

赤いクリップが目印のG.Itoya
赤いクリップが目印のG.Itoya
日経ウーマンオンライン

文房具専門店「銀座・伊東屋」は、2015年6月にリニューアルオープンで、文具をただ買うだけではなく、喫茶コーナーを設けるなど、ゆっくり買い物を楽しめる空間に生まれ変わりました。この新本店「G.Itoya」と2012年10月にオープンした別館「K.Itoya」の魅力を、おすすめ文具とともに紹介します。

銀座の文房具専門店「銀座・伊東屋」

G.Itoyaは全12フロア。気軽に食事も取れるよう12階にはカフェレストラン、1階にはレモネードがメインのドリンクスタンドがあります。メニューも自社で開発しており、季節に合わせた味が楽しめます。レモネードは酸味が心地よく、さっぱりとした後味がとても爽やか。こちらで購入したドリンクは、店内で飲みながら買い物を楽しむことができます。

その場で搾りたての味が楽しめます

2階「手紙 SHARE」フロア

ではまず、G.Itoyaから紹介しましょう。全13フロアの中から、気になる2階「手紙 SHARE」フロアと3階「高級筆記具 DESK」フロアの二つを取り上げます。

2階は手紙にまつわる紙製品がたくさんそろっています。 おすすめの便箋や封筒・はがきなど手紙に関するアイテムはもちろん、のし袋や慶弔品など、急な場面に必要な文具のラインアップも充実しています。

見ているだけでワクワクする手紙フロア

近年「手紙を書く」ことが再ブームになっていますが、昔から銀座・伊東屋の顧客は手紙を書くことが好きな方が多く、顧客のニーズに応えたいという思いから、リニューアルの構想段階からレターのフロアを大きく設ける計画があったそう。そのため1階がグリーティングカード、2階が手紙と、2フロアにわたってレターアイテムが取りそろえられています。

便箋や封筒の種類が多く、誰にどのレターアイテムで手紙を書こうか迷ってしまいます

季節に合わせた四季のカードや海外の輸入グリーティングカードが数多く並び、封筒に貼るシールや、便箋をデコレーションするときに使うマスキングテープなどもあります。また、最近は一般的なサイズの便箋よりも、一筆箋やミニカードのほうが人気が高い傾向です。改めて手紙を書こうと便箋を前にすると、何を書こうか考えてしまいなかなかペンが進みにくい……、そんな人でも、書く文字数が少なくてすむ一筆箋なら気軽に使えるため、ビジネスシーンで活用する方も増えているんだとか。

「Write & Post」コーナー

フロアの奥は「Write & Post」という、その場で手紙を書いて投函(とうかん)できる場所になっています。三角にとがったポストがとてもかわいらしく、思わずほっこりしてしまいます。

カウンターで手紙を書くことができます

万年筆やボールペンをなど各種ペンの貸し出しも行っているので、銀座通りに面したカウンターに座りながらゆっくりと手紙を書くこともできます。伊東屋オリジナルの切手もあるので、伊東屋に来た記念にポストに投函してみてはいかがでしょうか?

「手紙 SHARE」フロアの注目アイテム

伊東屋「リーガル スティッキーロールメモ」(左がバーチカル、右がホリゾンタル)各1000円(税抜き)

フロアには伊東屋オリジナルのアイテムもたくさんあります。伊東屋「リーガル スティッキーロールメモ」は、裏面が全面のりタイプのロール付箋。好きな長さで切って使うことができます。ケイ線が入っていて、TODOなどのリストに使いやすいのがバーチカルタイプ、横向きに書き込めるのがホリゾンタルタイプ。デスクに置くとかわいらしくアクセントになるのでおすすめです。
注目記事
次のページ
3階「高級筆記具 DESK」フロア