長期休暇は引き金になりやすい ゲーム依存に注意ゲームと病気(上)

日経Gooday

年末年始などの長期休暇はゲーム依存の引き金になりやすいので、ご注意を。写真はイメージ=(c)Christian Martinez Kempin-123RF
年末年始などの長期休暇はゲーム依存の引き金になりやすいので、ご注意を。写真はイメージ=(c)Christian Martinez Kempin-123RF
日経Gooday(グッデイ)

インターネットやスマートフォンの普及により、私たちの生活に深く入り込んでいるオンラインゲーム。いつでも、どこでもできる気軽さから、子どもから大人まで、やり過ぎで日常生活に支障をきたす「ゲーム依存」に陥る人が増えている。年末年始などの長期休暇は家でゲームに興じる時間が長くなりやすく、依存に引き込まれるリスクも高まるという。「うちの子、ゲームばかりしているけれど、大丈夫?」と気になったら、早めの対策が肝心だ。2011年に日本初の「インターネット依存専門外来」を開設した久里浜医療センター院長・樋口進さんに、ゲーム依存症とはどんな状態を指すのか、脳ではどんなことが起こっているのか、ゲーム依存症になりやすいリスク要因などについて聞いた。

ゲーム依存は深刻な健康問題

通勤時間やちょっとした暇つぶしに、スマートフォンで気軽に始められるゲーム。やり続けるうちに、半ば無意識に手を伸ばそうとしていた、空き時間だけでは物足りなくなってきた、という人は少なくないだろう。「依存症になるのはごく一部の人」「自分はゲーム時間をコントロールできている」と思っている人もいるかもしれない。しかし、ゲーム依存はもはや一部の愛好家だけの問題ではなく、誰もが陥る可能性がある深刻な健康問題に発展している。

世界保健機関(WHO)は、ゲームのやり過ぎで日常生活が困難になる状態を「gaming disorder(ゲーム障害)」という新しい疾病名で、2018年改訂の国際疾病分類(ICD-11)の最終草稿に収載した。これを受け、WHO加盟国は自国での適用に向けた準備をすることになっており、ICD-11は2019年の世界保健総会で承認されれば適用される。

この最終草稿によれば、「ゲームの頻度や時間を制御できない」「日々の活動よりゲームを優先する」「問題が生じてもゲームを続ける」などの行動パターンが見られ、「それらが少なくとも12カ月続いている」「そうした行動によって家族や社会、学業や仕事に著しい支障が起きている」といった場合に「ゲーム障害」と診断される(ただし、重症な場合は12カ月より短くてもそのように診断される)。

一つの病気(依存症の一つ)として認識されつつある「ゲーム障害」。ここでは一般に分かりやすい「ゲーム依存」という言葉を使うが、このゲーム依存の日本での実態はどうなっているのだろうか。厚生労働省研究班(代表・尾崎米厚鳥取大教授)が全国の中高生を対象に行った調査によると、2017年時点でインターネット依存の疑いのある中高生は推計93万人。2012年度の調査の52万人から5年間で約1.8倍に急増した(詳細は「『ネット依存疑い』中高生93万人 厚労省研究班」の記事参照)。

「厳密にいえばインターネット依存にはSNS(交流サイト)依存なども含まれますが、現実に私たちの専門外来を受診する患者さんのほとんどはゲーム依存、それもオンラインゲームを介するものです」(樋口さん)

久里浜医療センターを受診する患者の平均年齢は19歳。中高生が中心で、男女比は約8:2の割合で男性が多い。これまで中高生ら「子どもの問題」であったゲーム依存だが、近年は大人でも同様に増加傾向が見られるという。急増の背景には、スマートフォンの普及やゲーム市場の拡大など様々な要因が考えられる。

オンラインゲームはなぜ“ハマりやすい”?

特にオフライン(インターネットに接続していない状態)からインターネット上のオンラインゲームが主流に変わったことと、スマートフォンの登場によって、患者数が増えるだけでなく、依存の質もガラリと変わったと、樋口さんは言う。

オフラインゲームは「クリア」というゴールがあり、徹夜で熱中しても2~3日でクリアしてしまえば日常に戻ることができた。それがオンラインゲームになると、絶えずアップデート(更新)されるため終わりがないうえ、リアルタイムで世界中のユーザーと競い合えるなど、飽きさせない工夫も豊富だ。さらに、他のユーザーと顔の見えないコミュニケーションでつながることもでき、バーチャルな世界の中で、誰かから称賛される、役割を与えられる、協力して頑張るといったリアルな反応まで得られるようになっている。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント