powered by 大人のレストランガイド

週末レシピ 絶対に飽きない餅、洋風アレンジも簡単に

餅は包容力のある食べ物 オリーブオイルにも合う、アレンジ自在だ
餅は包容力のある食べ物 オリーブオイルにも合う、アレンジ自在だ

「誰が餅はお正月の食べ物だなんて決めたんだ」と、声を大にして誰かに文句を言いたいくらい、私は餅が好きである。クリスマスが終わるとスーパーマーケットの店頭はがらりと正月一色に変わり、餅がどーんと陳列される。その光景を見るとワクワクしてしまう。年が明ける前から、朝に、昼に、おやつに、夜にと食べるようになる。

しかし、こんな餅好きの私ですら、その単調な味わいにのまま食べていると飽きてしまうことがある。そこで今回は、長年の餅愛が生み出した餅のアレンジレシピの数々をご紹介しよう。なお、今回は、一般的に手に入れやすい個包装タイプの切り餅を使っているが、もちろん、つきたての餅があれば最高だ。

まずは、餅を塩とオイルで食べる。

一般的にはしょうゆやきなこで食べると思うが、この「塩+オリーブオイル」という組み合わせで食べると、餅本来の味がダイレクトに感じられるうえに、一気に洋風に変化し、なんだかちょっと高級感も出るのだ。

・塩とオイルで食べる餅
<材料(1人前)>
切り餅 2個 / 塩 適量 / エクストラ・バージン・オリーブオイル 適量
<作り方>
(1)切り餅をごく薄く焦げ目がつくまで焼く
(2)(1)をお湯に2分つけて、軟らかくしてから引き上げる
(3)(2)を皿に置き、エクストラバージンオリーブオイルをまわしかけ、塩を振る

次も洋風レシピだ。

これは、イタリアンのシェフから教えてもらった。イタリアのラツィオに伝わる伝統的かつ非常にシンプルなチーズのパスタ「カッチョ・エ・ペぺ」を餅で再現する。これは、食事にはもちろんだが、小ぶりの餅で作れば、赤ワインにぴったりのおつまみにもなる。

・餅のカッチョ・エ・ペぺ風
<材料(1人前)>
切り餅 2個 / パルメザンチーズ 大さじ4 / バター…10グラム / 塩 適宜 / 黒コショウ 適量

「カッチョ・エ・ペぺ」は本来、「ペコリーノ・ロマーノ」という羊乳からできるチーズを使用するのだが、日本ではチーズ専門店にいかないと販売していないことが多いので、ここは手軽さを優先して、筒入りのパルメザンチーズで代用する。もし手に入れることができれば、ぜひ「ペコリーノ・ロマーノ」の塊を削ってたっぷりと餅にかけてみてほしい。ほっぺの落ちるおいしさである。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
メールマガジン登録
大人のレストランガイド