トラベル

九州 味めぐり

九州の食材、京都のダシがお膳立て 福岡の創作居酒屋 赤坂こみかん

日本経済新聞西部夕刊

2018/12/7

「ご飯、こんな感じで炊けてます」。満面の笑みを浮かべながら大将の末安拓郎さんが、おくどさんにある土鍋釜を担ぎ上げ、店内にいる客に釜の中を見せて回った。ふっくらつややかに炊き上がったばかりの白ごはん(1膳300円、税別)。炊きたての熱と香りが伝わってきた。

イラスト・広野司

おくどさんとは京言葉でかまどの事。京町家において土間の中心に鎮座するおくどさんはただ煮炊きをする場所というだけではない。そこには火の神様への信仰があり、暮らしの知恵があり、家族の団欒(だんらん)があった。店内中央にもこのおくどさんがあり、その傍らで大将が腕を振るう。京都の老舗料亭で修業を積んだ大将の料理は、京料理の出汁(だし)と九州の旬の食材がマッチングした創意あふれる品々だ。

お通しは温かい出汁につかったお稲荷さん。削った山わさびがアクセント。刺し身盛り合わせ(1200円)を頼むと旬の魚に本マグロは握りになって出てくる。天ぷらは揚げたてを1つずつ。ピーマンに牡蠣(かき)を詰めたカキピーは、熱々の牡蠣汁とピーマンの食感風味がなんとも絶妙。香ばしい本ししゃも(300円)はひれを立て泳いでいるかのよう。そして鴨(かも)と糸島のセリのくわ焼き(1400円)は七輪にのせた鍬(くわ)の上でじゅうじゅうと。

大将の笑顔と若い衆の活気、にぎわう店内。料理もさることながら何より人なんだとつくづく思う。

(腕に色)

〈あかさかこみかん〉福岡市中央区大名1の7の10 電話092・734・3090

トラベル 新着記事

ALL CHANNEL