出世ナビ

もう一度社長

競争相手は世界、5カ月外遊で見た進路 HIS沢田氏 エイチ・アイ・エスの沢田秀雄会長兼社長(CEO)

2018/12/15

世界遺産にも登録されたポーランドのアウシュビッツ強制収容所を訪れた沢田氏

旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)の創業者で会長兼社長の沢田秀雄氏は、2018年の春から夏にかけて海外出張に出かけました。十数年ぶりの長期海外旅行とあって、この間の世界と旅行者の大きな変化を肌で感じ、ビジネスの世界展開を加速する決意を固めたようです。旅の収穫を聞きました。

◇  ◇  ◇

■旅行者の手には…スマホとガイドブック

3月から8月にかけ、アジアと欧州を回ってきました。月に1~2回程度は日本に戻りながらでしたが、こんな長期出張は十数年ぶりです。

アジアも欧州も旅行事情はずいぶん変わりました。十数年前はスマートフォン(スマホ)を持った旅行者なんていませんでしたが、今は新興国からの旅行者も皆スマホです。観光情報は全部検索できるし、ホテルの予約だってできます。

だったら紙のガイドブックはいらないかというと、皆持っていた。不思議ですよね。「地図は紙の方が見やすい」とか、理由は色々あるのでしょう。もちろん私も持っていきましたよ。

アジアでは、まずベトナム、香港、マカオに行きました。それからアラブ首長国連邦のドバイに飛んだのですが、その発展ぶりには驚きました。砂漠の中に超高層ビルがびっしりです。石油もほとんど出ないのに近代的な都市が生まれ、世界中から投資マネーを呼び込んでいる。不思議です。政府やリーダーのやり方で、こうも国が変わるのかと感銘を受けました。

■経済成長にもお国ぶり、東欧に大きな可能性

経済成長が続くベトナムは、混沌のるつぼから経済が発展しているイメージでした。バイクと自動車が走り回る怒とうのようなモータリゼーションに、発展を実感しました。こんな「わいわいガヤガヤ」「ガチャガチャ」としたベトナムの「動の経済成長」と対極のような「静の経済成長」をみせていたのが、ポーランドでした。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL