まじめでしっかり 30年経ても揺るがぬ英国紳士の名品平成紳士の名靴・名小物 これまでとこれから(2)

MEN’S EX

MEN'S EX

バブル崩壊、IT革命、リーマンショックetc. 男の生き方も美意識も大きく変わった平成時代には、無数の靴・小物が生まれ、名品として進化してきた。その歴史を顧みつつ、これからの展望を考えてみよう。




平成を見てきた服飾名士たちが語る

青柳光則さん(左) ファッションディレクター/1960年生まれ。出版社勤務を経て’83年独立。DC、クラシコなどトレンドの現場を牽引。
池田哲也さん(中) 服飾評論家/1968年生まれ。’90年三越入社後ローマ駐在。クラシコブーム前から当地の魅力に触れる。
吉田周平さん(右) ビームス ドレス部ディレクター/1969年生まれ。’89年ビームス入社。バイイングを通して平成ドレスクロージングを主導。

【 BRITISH 】

平成の夜明けは英国から。そして今、再び。

本質が揺るがないからこそ30年を経て、再び輝く

M.E. 今、イタリア的な服に英国靴・小物をミックスするスタイルが旬ですが、それらは’80年代後半~’90年代前半からのリバイバルアイテムが多いと聞きます。まさに平成初頭ですが、当時はどんな時代でしたか?

吉田 当時、クラシコイタリアブランドはまだほとんど知られていなくて、ビームスFの品揃えも今とは全く違っていました。その7割くらいをイギリスものが占めていて、残りは米、仏といった感じでしたね。

青柳 ポロ ラルフ ローレンの登場以降、’80年代にはアメリカンブリティッシュとよばれるスタイルが浸透しましたが、平成初頭はそんな新しいブリティッシュの全盛期でしたね。

吉田 そうですね。私もイギリスとアメリカをミックスした服装でした。

池田 ジョン コンフォートなんかは当時主力ブランドの一角でしたよね。

青柳 昔はプリントタイが多かったイメージですね。芯地がよくて、ディンプルがキレイにできると評判でした。一度は休止してしまったけど、復活して今、また人気ですよね。

池田 このスリッポンも懐かしいなぁ! 昔ポールセン スコーンとかでありましたよね。

吉田 エプロンフロントと呼ばれていましたね。ビームスFの40周年記念として、当時のスタイルを復刻したのがそちらです。あとはグレンロイヤルでも、ブリティッシュ世代には懐かしい錠前付きのクラッチを別注したりしています。

青柳 懐かしいけど、今見るとまた新鮮ですよね。

M.E. それから英国といえば、ブレイシーズが再燃したのも記憶に新しいところです。

青柳 個人的にもアルバート サーストンを長らく愛用しています。昔はガットエンド(鯨のひげ)が留め具の素材として使われていましたが、今はもう作れないそうですよね。

池田 デンツの顔であるペッカリーも今や希少です。将来は手に入らなくなる可能性もありますね。今は英国の工場もどんどん閉鎖してますし、モノの作り方を変えざるを得ない部分も多くなっています。

吉田 それでもやはり、真面目にしっかりと作るという本質は変わっていません。そこが揺るがないからこそ、今も再び輝けるのだと思います。

Watch Special 2020
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト