これが「平成靴」の到達点だ 変貌したスタンダード平成紳士の名靴・名小物 これまでとこれから(1)

MEN’S EX

MEN'S EX

バブル崩壊、IT革命、リーマンショックetc. 男の生き方も美意識も大きく変わった平成時代には、無数の靴・小物が生まれ、名品として進化してきた。その歴史を顧みつつ、これからの展望を考えてみよう。




平成を見てきた服飾名士たちが語る

青柳光則さん(左) ファッションディレクター/1960年生まれ。出版社勤務を経て’83年独立。DC、クラシコなどトレンドの現場を牽引。
池田哲也さん(中) 服飾評論家/1968年生まれ。’90年三越入社後ローマ駐在。クラシコブーム前から当地の魅力に触れる。
吉田周平さん(右) ビームス ドレス部ディレクター/1969年生まれ。’89年ビームス入社。バイイングを通して平成ドレスクロージングを主導。

【 SHOES 】

伝統ドレス靴を輝かせたのは洗練の“平成木型”だった

30年かけて進化した紳士靴の完成形

M.E. 平成の30年間を振り返ると、靴のスタンダードもかなり変わったなと改めて感じます。ストレートチップといったデザインそのものは昔から変わりませんが、シェイプが全然違いますよね。

池田 時代性を表現するのに欠かせないのがラストですよね。同じジョンロブのラウンドトウでも、平成初期はもっとコロンとしていました。

青柳 それから’90 年代後半~2000年代にはスクエアトウやロングノーズが隆盛して、またポッテリに戻って、と色々と変遷して、今この形に落ちついたということですよね。

吉田 下の4足はシェイプの方向性が近いですよね。各ブランドがラストメイキングに試行錯誤を重ねて、その答えとしてここに辿り着いたんだなという感じがします。

青柳 実は今日、ジョンロブの7000ラストの靴を履いてきたんですが、やっぱりバランスが最高ですね。ラウンドトウなんだけどスマートで、とてもモダンな表情です。

池田 フランスが本拠のブランドですから、独特の洗練された雰囲気がありますよね。あと、こちらは生粋の英国靴ですが、エドワード グリーンの「82」も近いものを感じます。そもそもラストで靴を語るという文化はエドグリとオールデンから始まりましたからね。今、靴好きたちが木型云々で盛り上がれるのも、ここのおかげというわけです。

吉田 クロケット&ジョーンズとチャーチはビームスでも長年扱っていますが、どんなパンツにも合いますね。ドレス靴として、どちらも間違いのない一足といえます。

池田 平成30年間で、日本の高級紳士靴の市場は目覚ましく拡大しました。おそらく数百倍ですね。そんな奔流の中で磨かれた平成靴の到達点が、この4足の中にあるわけです。

青柳 ジャストフィットの概念もここから学びました。そう考えると、平成靴って素晴らしいですよね。

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram