powered by 大人のレストランガイド

海外で百万円超、「関東最古」の銘酒 茨城・須藤本家ぶらり日本酒蔵めぐり(7)

「花薫光」(中央)は伊勢志摩サミットの夕食でも提供された
「花薫光」(中央)は伊勢志摩サミットの夕食でも提供された

山田錦、純米、無濾(ろ)過、生原酒、熟成酒、輸出--。消費量が減少に転じてからも、日本酒は国内外で新たな愛好者を呼び込んできた。そうした動きに先駆けて挑戦を繰り返してきた蔵がある。須藤本家(茨城県笠間市)だ。炭素濾過と加熱殺菌をしない「無濾過生原酒」で長期熟成酒を作り始めたのが1973年、輸出に乗り出したのは95年だ。1143年創業と伝えられる関東最古の蔵は進取の気性にあふれている。

2018年10月、須藤本家はシンガポール高島屋の催事で、純米大吟醸「花薫光(かくんこう)1993」(720ミリリットル)の販売予約を受け付けた。値段は3万8000シンガポールドル(約314万円)。仏高級ワインも顔負けの設定だ。醸造後25年間、瓶(びん)内で熟成し続けた逸品で、著名なワイン評論家、ロバート・パーカー氏が評価したことで脚光を浴びた。

須藤源右衛門さん 18歳で無濾過生原酒に挑戦した

かつて米国で1万3000ドル(約147万円)の値がついたこともある。花薫光は2016年の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の夕食の場に供されたことでも知られる。「それだけの値がつけられるのは、品質と価値が認められた証だと思っています」。当代当主の須藤源右衛門さんは静かに語る。

熟成とは、もちろん酸化や劣化とは違う。「ただ置いておくだけでは褐色に色づき、ひねたような味と香りになっていきます。一般的な古酒のイメージですね。でも、醸造過程の最初から熟成を前提にし、しっかり温度管理して貯蔵すると、嫌みのない熟成酒になります」。酵素の働きで、長期間かけてうま味を引き出す。

鍵を握るのが貯蔵温度だ。設定温度を尋ねると、「それは言えません」。秘中の秘らしい。「0.1度違うだけで、結果は全く違ってしまいます。それだけデリケートなものです」。1973年の醸造分から毎年、貯蔵を続けている。加熱殺菌していない生酒を保存するのだから神経を使うはず。「一年中、冷蔵していますから電気代が大変です。毎月、車が買えるくらい」と笑う。

1975年醸造の長期熟成酒が眠る冷蔵庫

「今年で45年分の『垂直(ワインで同じ銘柄の、異なるビンテージを飲み比べて楽しむ趣向)』ができます。これから貯蔵を重ねていって、100年分の垂直ができたらすごいでしょうね」。900年近い歴史を背負う蔵の当主は悠久の時の流れを見据えて酒造りに向き合っている。

無濾過生原酒へのこだわりは46年目に突入する。原点は16歳のときの体験だった。東京で下宿していて、あるとき、親戚の近所に須藤本家の酒を携えて挨拶に行った。そこで意外な言葉を浴びせられたという。「うちはね、日本酒は飲めないんです。(ウイスキーの)水割りなんですよ」

メールマガジン登録
大人のレストランガイド