家計

人生を変えるマネーハック

自分も世の中も幸せになる 長期積み立て投資の魅力 幸せになるお金の使い方をマネーハック(2)

2018/12/10

写真はイメージ=123RF

マネーハックの年末のテーマは「幸せになるお金の使い方」です。先週はちょっとした買い物のやり方で幸福感をアップさせるヒントを紹介しましたが、今週は「投資と幸せ」について考えます。

投資をしてお金が増えれば幸せであることはいうまでもありません。フランスの経済学者トマ・ピケティ氏が主張するように、賃金上昇率(おおむね預金金利と近い水準)より株式や不動産の上昇率の方が高いということは、投資をすればお金をより早くより大きく増やせる可能性が高いといえます。

しかし、投資はお金が増えることだけを考えればそれでいいのでしょうか。投資と真面目に向き合えば、実は「幸せ」も手に入るのです。

■投資は「悪いこと」や「ずるいこと」ではない

未経験者や初心者ほど投資について「悪いこと」「ずるいこと」という印象を持っているようです。

確かに悪いやり方をして投資をする人もいます。インサイダー取引をして逮捕される人がときどき報道されたり、投資詐欺を行って雲隠れする不届き者もときどき世の中を騒がせたりします。

しかし、ほとんどの投資家や投資ビジネスに携わる人は真面目に投資と向き合っている事実を忘れていないでしょうか。

NIKKEI STYLE マネー研究所で連載している投資関連の記事を読んでいる人は、投資は「投機」、つまりギャンブルというよりは経済成長の対価としての利益を得る手段だと知っているはずです。

大多数の企業は真面目にビジネスを行い、大半の投資家と投資ビジネスの関係者は、投資資金の提供により企業の成功を支援しています。

家計 新着記事

ALL CHANNEL