ヘルスUP

日経Gooday 30+

朝原宣治さん 疲れにくい体をつくるリカバリー方法 元陸上五輪メダリストに聞く(下)

日経Gooday

2018/12/7

現役の頃から「体を元に戻す」ことを重視してきたという朝原さん。具体的にどんなことをしてきたのだろう。
日経Gooday(グッデイ)

36歳で陸上競技4×100mリレーで五輪メダリストとなり、46歳で世界マスターズ陸上競技4×100mリレーで金メダルを獲得した朝原宣治さんに、年齢に負けずに、疲れにくい体をつくるリカバリー方法、手軽に体幹を鍛えられるトレーニング法について伺った。

◇  ◇  ◇

■その日の疲れ、その日のうちに

――現役中、トップアスリートのなかでは高齢の選手として、世界の第一線で活躍されたり、現在も世界マスターズ陸上にチャレンジして結果を出されていたりする朝原さんですが、ご自身の経験から、体力を回復させるためのコツがあれば教えてください。

最も意識しているのは、「その日のうちに疲れをなるべく取る」ということです。つまり、疲れを放置しておくとどんどんたまっていって、それを取り除くのは時間がかかる。だからその日のうちに、できる限り「体を元に戻す」ようにしています。

回復力を高めるには、やはり睡眠が一番大事だと思っていて、質のいい睡眠を取るために、早めに寝るように意識してきました。現役中は、22時には布団に入って寝ていたときもありましたね。睡眠時間は約7時間ぐらいでした。

入浴も疲れを取る一つの方法です。僕の場合、汗をかくまで湯船につかることを意識していました。温度はさほど気にしていませんでしたが、ぬるま湯であれば汗が出るまで長めにつかり、少し熱めのお湯であれば、のぼせない程度に、お風呂を上がった後に汗がじわっと流れるくらいを目安にしています。

そして、お風呂上がりにストレッチポールを使って体を伸ばしたり、筋肉が張っているところを意識してほぐしたりしています。練習した日はもちろんですが、1日飛行機に乗っていたという移動だけで終わるときも、必ず体をほぐしてから布団に入っています。寝る前に必ず体を整えるというイメージでしょうか。

――食事で気をつけていることは?

若い頃は、どんなに疲れていても、肉など多めのたんぱく質と炭水化物さえ摂取していれば、元気になるという感覚でしたが、加齢とともに、また激しいトレーニングを行う合宿中などは、内臓が疲れて胃もたれすることが多くなりました。ですから、ある程度の年齢になってからは、 夜ご飯は鍋料理にして野菜をたくさん摂取することが多かったです。鍋の種類は、豚肉や鱈などの魚を入れた鍋、チゲ鍋などさまざま。鍋だと肉や魚だけでなく、野菜もたっぷりとれてバランスのいい食生活を送れるので、冬だけでなく夏場でも食べていましたね。

今は、トレーニングした日はおなかがすくのでしっかり食べますが、やはり加齢で昔に比べて胃もたれしやすくなっているので、そんなときは、腹八分に抑えるようにしています。

――食べる順番や時間帯などのこだわりは?

食べる順番のこだわりとしては、トレーニングの前後におにぎりなどを食べて、炭水化物をしっかりとります。その後に、ゆで卵や肉などのたんぱく質を摂取します。炭水化物を摂取してインスリンが出ている間にたんぱく質を摂取すると、栄養素を取り込みやすく、筋肉や毛細血管などがリカバリーされやすいとされているからです。

ちなみに、ウエートトレーニング後にプロテインを飲む人もいますが、飲み過ぎると腎臓に負担がかかる恐れがあると聞き、僕はあまり利用していませんでした。風邪を引いたときにビタミンCぐらいは摂取しましたが、サプリメントに頼ることも、あまりしていませんでしたね。できるだけ、口に入れるものは、自然のものにしたいと思っていたので。

■「気持ちいい」「気持ち悪い」といった感覚を重視

――お話を伺っていると、現役の頃から、体を元に戻すということを重視されているんですね。

ヘルスUP 新着記事

ALL CHANNEL