グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

dressing

フランス人パティシエの逸品、休日のみ 東京・緑が丘

2018/12/10

「モンブランとすだち」は和の香りも

人気の「モンブランとすだち」はほんのりとラム酒が香るマロンペーストとクリームの中に、爽やかなすだちのコンポートと黒糖のスポンジが合わさり、和の香りが漂う。

マシュー氏が自ら買い物に出向き、気になる日本の食材を実際に手に取ることで、新メニュー考案のヒントを得ている。

芸術的なのはスイーツだけではない。内装やオープンな構造のキッチンも、自然光があふれ洗練されたスタジオのような空間だ。マチュー氏の繊細な手仕事が間近に見られる特等席のイートインスペースは、カウンター7席のみ。

イートインスペースはカウンター7席

「子供が見てもすてきだと思ってもらえるようなケーキを作りたい。そのためには味だけではなく、見た目も匂いも音も、全てを楽しんでほしいんです」と、マチュー氏は言う。

カウンター席ではケーキの他、ブラウニーをトッピングしたソルベ、パフェやドリンクが注文できる。ラボの中でしか食べることのできないパフェシリーズは2種類。

パフェシリーズは2種類。写真は「ショコラ」

定番のパフェ「ショコラ」と、もうひとつはケーキと同様、季節ごとにメニューが変わる。自家製のほろ苦いショコラとなめらかなバニラソルベ、サクサクのマカロンラスク、しっとりとしたブラウニー、カリカリのグラノーラ。驚くほどに一つひとつの完成度が高い。そしてそれらを組み合わせることで、五感を刺激するストーリー性のある美しいパフェが完成する。

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL