口紅やマニキュアも 男性のメーク、仕事に効果ある?

Paravi

口紅にマニキュア、男性向けの化粧品が登場しています。化粧品メーカーは男性向けの美容セミナーを開催。今、化粧品市場に起きている変化とは?

資生堂主催の美容に関するセミナーをのぞくと……中は男性ばかり。20代から30代のビジネスマン約70人が参加しています。第一印象が仕事の結果に影響するとしてスキンケアの重要性を説明することで、商品の販売増につなげる狙いです。参加者は「見られているというのを気をつけていかないと」「人と人との仕事なので武器になる」と積極的です。

ポーラのグループ会社は男性総合コスメブランドを始めた

一方、阪急メンズ東京では業界初、男性のメークに特化したブランドを売り出しました。手掛けたのはポーラのグループ会社です。ファンデーションは女性用の倍の15色、さらにマニキュアや口紅まで扱っています。

男性向けのメークは、女性のように「化粧しています」ではなく、しているかどうかが分からない程度が特徴だといいます。それでも、顔の彫りの深さを出したり、精悍さを出したりする効果があるといいます。阪急阪神百貨店の手嶋さんは「男性の美への意識は高まっている。新たなアイテムとして提案していきたい」と話します。

男性向けのメークは、しているかどうかが分からない程度に仕上げるという

社員の7割が男性のIT企業パーソンリンク。2年前におしゃれ手当を導入しました。化粧品や衣類の購入、美容院の代金などを月5000円まで補助するというものです。使い道を社内のブログにあげることで補助が受けられます。

取り入れた理由は「おしゃれな人と仕事をしたほうが、モチベーションが上がる」という女性社員からの意見。取引先からも以前より「明るくて楽しそうな会社だね」と言われるようになったといいます。

※この映像と記事は「ゆうがたサテライト」(9月19日放送)の内容を配信用に再構成したものです。(C)テレビ東京

[PlusParavi(プラスパラビ) 2018年10月29日付記事を再構成]

◇  ◇  ◇

動画配信サービス「Paravi(パラビ)」の『パラビジネス 2分で経済を面白く』はテレビ東京の経済ニュースと経済番組の映像を短く編集し、記事とともに配信している。このコラムではそのなかから特にユニークな商品・サービスを中心に紹介していく。

MONO TRENDY連載記事一覧