エンタメ!

なやみのとびら、著名人が解決!

40歳の次男が働きません 脚本家、大石静さん

2018/12/6

脚本家。東京都生まれ。TVドラマ「ふたりっ子」「四つの嘘」「セカンドバージン」「家売るオンナ」など執筆。連続テレビドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS)が毎週金曜日に放送中。

40歳になっても次男が働きません。ご飯も食べれば、お風呂にも入りますが、ほぼ外出することはなく、家にいるだけです。親が死んだらどうやって生きていくつもりなのでしょうか?(千葉県・男性・60代)

これは島根県の調査ですが、引きこもっている人は40代が最も多く、40代以上の中高年の引きこもりが全体の53%にものぼるそうです。千葉県でも似たような数字になるのだろうと想像します。

原因がどうでも、一度引きこもってしまうと、いかに社会に出て行くのがむずかしいかが、よくわかります。

10代、20代なら何が何でも引っ張り出して、社会と共存するため、徹底的に再教育をすることも可能かもしれません。しかし、もう20年も他人との接触をさけてきた40代以降の人に、出てきて働けと言っても、無理だろうと思います。

ではどうしたらいいでしょうか? 

父親であるあなたは、裕福ですか? 裕福なら、ご自宅をアパートに改造し、その1室に息子さんを住まわせて、親亡き後も、家賃収入で、息子さんが生きられるようにするのはどうでしょうか。

たぶん、引きこもっている人は、パソコンを駆使していると思われます。家賃の管理はできるでしょうし、契約も人と会わずにできるかもしれません。最善とは言えないですし、非常識な考え方かもしれませんが、それしか息子さんが社会と接触せずに生きる道はないでしょう。

そしてそこまでやってあげれば、あなたも思い残すことはないと思います。早めに対処できなかったというような、親としての負い目も、そこまでやればなくなるでしょう。

そのような経済力はない、ということでしたら、運を天に任せて、考えないことです。40歳まで守ってきてあげたのですから、その先は、もう知らないよと割り切るのです。

そして自分の人生の充実を、考えられたほうがいいと思います。

奥様がおいでなのかどうか、わかりませんが、いてもいなくても、いとしい気持ちを抱ける異性を見つけて、楽しい時間を過ごしてもらえるといいな~、と思います。非日常を与えてくれて、日々の憂さを忘れさせてくれる相手です。

息子さんのことは、もう考えないようにして、あなた自身が好き勝手に生きる方向で、人生を再スタートさせてください。簡単ではないですが、そうしないとあなたが倒れてしまうと思います。

あなたの悩みをサイトにお寄せください。サイト「なやみのとびら」(https://www2.entryform.jp/tobira/)から投稿できます。

[NIKKEIプラス1 2018年12月1日付]

NIKKEIプラス1の「なやみのとびら」は毎週木曜日に掲載します。これまでの記事は、こちらからご覧ください。

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL