新iPad、買うなら大小どちらか 津田大介の結論

ディスプレーは明るく、ブラウジングやスクロールなどの操作がより快適になった。僕は出張中にiPadで映画を楽しむことも多いので、スピーカーの音質が良くなったのもうれしい。スピーカーは上下4カ所についており、iPad Pro単体でも迫力のあるサウンドが楽しめる。

津田氏が持っているのは12.9インチのiPad。実際に持ってみると、軽さに驚く

Apple Pencilの携帯や充電も便利に

今回の新型iPad Proで一番驚いたのが、Apple Pencilの進化だ。

新型Apple Pencilは側面を2回タッチすることでペンと消しゴムを切り替えられるなど、ジェスチャー機能が強化された。画面上に表示されたペンや消しゴムをタップする必要がないので、より直感的に操作ができる。

単体の進化も大きいが、僕が最も便利だと感じたのが、Apple PencilをiPadに固定できるようになったことだ。iPadでApple Pencilを使っている人と話をすると、Apple Pencilをどう持ち歩くかでみんな悩んでいた。マグネットで固定できるようになったのはとてもうれしい。

さらにその状態で充電が可能になったのも大きな進化だろう。Lightning端子に挿して充電する旧型に比べるとずっとスマートになっている。

ペンを本体に固定するだけでペアリングや充電が可能になった。前モデルでは写真下のようにLightning端子に挿して充電していたことを考えると大きな進化だ
Apple Pencilの操作性も向上している。ペンを2回タッチすると、ペンと消しゴムを切り替えられる機能も

気になるキーボードの重さ

純正キーボード「Smart Keyboard Folio」は、旧モデルに比べると打ちやすさが向上していて、かなりスムーズにタイピングできた。iPad Proをセットした状態で開くと自動でスリープ状態から復帰するなど、便利な機能も搭載。2段階の角度調整も可能になり、使う場所によって切り替えられるなど、前モデルより使い勝手は良くなっている。

ただ、持ち運びを考えるとキーボードをつけたときの重さが気になった。Smart Keyboard Folioをつけると、グッと重量感が増す。単体の軽さに驚いただけに、この重さは残念だった。

11インチと12.9インチのiPadにSmart Keyboard Folioをつけ比較してみた。11インチでもサイズ的には不満は感じなかった
Smart Keyboard Folioはタイピングがしやすくなった。2段階の角度調整が可能で、机や膝の上など、場所によって切り替えられる
注目記事
次のページ
12.9インチの軽さは驚きだけど
今こそ始める学び特集