缶がかわいいクッキー缶10選 自分用にも手土産にも

NIKKEIプラス1

7位 マッターホーン 「缶入りクッキー」
(東京都目黒区) 310ポイント
ペンの整理に最適

1952年創業の洋菓子店。クッキーのほか、バウムクーヘンやアップルパイが人気だ。洋画家、鈴木信太郎氏のコレクターだったオーナーが、イラストを商品や看板、包装紙などに使用。「生き生きとした色使いの手描きイラストがほほ笑ましい」(山本諭さん)

小ぶりなクッキーはプレーン、ココア、コーンフレークとレーズン、黒ゴマなど6種。「バターよりも粉を強く感じる素朴で飽きのこない味」(下園さん)、「クッキーのおいしさと缶のかわいらしさがマッチしている」(甲斐さん)。缶のサイズは5つあり、細長いタイプは「ペンやカトラリーを整理するのにぴったり」(瀬戸さん)。

(1)1500円(2)24×9×5.5センチ(3)http://matterhorn-tokyo.com/(FAX注文書をダウンロード)

8位 アンリ・シャルパンティエ 「プティ・タ・プティ M」
(兵庫県芦屋市) 290ポイント
小分けトレーが便利

パリの石畳のイメージで、9種類のひと口クッキーが4列に並ぶ。「重箱文化に慣れ親しんだ日本人にとって、特別感のある形」(甲斐さん)。重なるクッキーが取り出しにくいときのために、エッフェル塔の形のミニピックが添えられているのも粋な計らいだ。

商品名は「少しずつ」という意味のフランス語。「きれいに並んだクッキーを眺めるだけでも楽しくなる。小分けしてあるトレーを使って小物の整理にも」(山本さん)

蓋を開けると木イチゴ、チョコ、シナモンなどの香りが漂い、アイスクリームのよう。甘くないチーズ味のサブレがアクセント。SとLもある。

(1)2160円(2)15.4×15.4×4.6センチ(3)https://www.suzette-shop.jp/shop/c/cHENRI/

9位 ノワ・ドゥ・ブール 「サブレ・アソルティ」
(東京都新宿区) 280ポイント
角張った四角形がレトロ

店名は「小さなバターのかたまり」の意味。その名の通り、蓋を開けるとバターの香りが漂う。鳥の形をしたバニラクッキーや、ココナツ、ココア、アーモンド、ヘーゼルナッツサブレなど7種類が味わえる。「しっかりした味で、少しでも満足できる」(沼田さん)。「ナッツのコクがあるので、深煎りのコーヒーと合わせたい」(下園さん)

缶は赤い文字をあしらったデザインで、「角張った四角形がレトロな印象でかわいい。蓋の表面が平らで上に重ねて使える」(里井さん)、「アンティークなたたずまいがあり、小物入れに重宝しそう」(浜田さん)

(1)2160円(2)14.5×9×5.2センチ(3)https://isetan.mistore.jp/onlinestore/(店名で検索)

10位 やきがしやシュシュクル 「焼き菓子セット6」
(東京都世田谷区) 220ポイント
絵本コーナーの彩りに

住宅街にある焼き菓子専門店。オーナーの下永恵美さんが焼き上げるクッキーを間近で見ることができる。クッキーは無添加で、やさしい味。「バラの花やイチゴ、アイス、ウサギなどを模していて、見ているだけで楽しくなる愛らしさ。ほろほろとした口溶けやサクッ、カリッとした食感の違いも楽しめる」(平岩さん)

缶は「とっておきたくなるようなかわいい箱」(下永さん)をイメージ。絵本「ぐりとぐら」のイラストで知られる山脇百合子さんがデザインを手掛けた。「絵や色、丸い形の愛らしさがピカイチ。本のしおりを入れて、絵本コーナーに飾っている」(甲斐さん)

(1)2585円(2)直径18.5×6センチ(3)http://susucre.com/

◇  ◇  ◇

ランキングの見方 数字は専門家の評価を点数化。店名(所在地)、商品名(1)税込み価格(送料別)(2)缶のサイズ(3)店または販売サイトのURL。写真は尾城徹雄撮影。スタイリングは西崎弥沙

調査の方法 缶のデザインが魅力的でクッキーもおいしい缶入りクッキーを専門家に取材し、取り寄せ可能で税込み価格が3000円未満のものをリストアップ。スイーツやデザインの専門家による試食会を開き、クッキーのおいしさ、缶のデザイン、食べ終わった缶の使い勝手、自分用に買いたいか、などの観点から23品について1~10位まで順位を付けてもらい、編集部で集計した。

今週の専門家 ▽甲斐みのり(エッセイスト・「お菓子の包み紙」著者)▽君島佐和子(「料理通信」編集主幹)▽里井真由美(フードアナリスト)▽下井美奈子(スイーツコーディネーター)▽下園昌江(お菓子研究家)▽瀬戸理恵子(フードエディター)▽沼田美樹(フードエディター)▽浜田芳治(プロダクトデザイナー・多摩美術大学教授)▽平岩理緒(「幸せのケーキ共和国」主宰)▽山本諭(菓子ジャーナリスト)=敬称略、五十音順

[NIKKEIプラス1 2018年11月24日付]

NIKKEIプラス1「何でもランキング」は毎週日曜日に掲載します。これまでの記事は、こちらからご覧下さい。

注目記事