健康・医療

日経ヘルス&メディカル

40代からの不調、受診前に漢方の市販薬を試す手も 更年期を快適に過ごす(下)

日経ヘルス

2018/12/17

写真はイメージ=PIXTA
日経ヘルス

40代に入り、原因がよくわからない不調が襲ってきたら…。前回「40代からの体調不良 漢方で『気・血・水』整え改善」では、そうした症状に対する代表的な3つの漢方処方を取り上げた。3回目は、それ以外の効果的な処方を症状別に解説する。

◇  ◇  ◇

更年期の不調には3大処方以外にも効果的な漢方薬が多くある。症状ごとに紹介しよう。

ほてりやのぼせの場合は──。「中間証からやや実証で、めまいが特に強い人には女神散(にょしんさん)。実証でお血(けつ)がひどく、便秘の人には桃核承気湯(とうかくじょうきとう)。また月経血がだらだら続き、手足はほてるが、冷えを伴う中間証の人には温経湯(うんけいとう)をよく処方する」と慶應義塾大学病院漢方医学センターの堀場裕子医局長。

精神的な症状が強い場合は? 「神経が高ぶってイライラする、眠れない人には抑肝散(よくかんさん)が効く。気分がふさいで、のどや胸のあたりが詰まった感じがする人には半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)が適している。どちらもやや虚証から中間証の人に向く」と杵渕所長。このほか、めまいには苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)、強い冷えには当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)、加齢による疲れや冷えには牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)も効く。

効果はどのくらいで出るだろうか。「早い人だと2週間程度、一般には数カ月で症状が改善する。処方を変えながら年単位で続ける人も多い」と青山杵渕クリニックの杵渕彰所長。

しっかり効かせるコツは、空腹時にのむこと。そして熱湯でしっかり溶かすことだという。「溶けたら、水を加えて冷ましてのんでもいい」(杵渕所長)。

漢方薬は市販されているものも多い。「受診が難しい場合は、まず市販薬を試してみてもいい」と堀場医局長。市販薬で効果を実感し、本格的な漢方治療を希望して受診する例もあるそうだ。

漢方薬は比較的副作用が少ないが、合わないものをのむと腹痛や下痢などが起こることもある。「漢方薬は1剤処方が原則だが、場合によって複数出すことも。ただし、特定の生薬が重なると副作用が出ることがあるので、慎重に選ぶ。患者さんが自分で市販薬を選ぶときには判断が難しいので、複数を一度にのまないように。薬剤師に相談したうえで試してほしい」と杵渕所長は助言する。

◇  ◇  ◇

■「足し算」の漢方薬も

体力や症状に合わせて処方をアレンジすることもある。例えば「抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)」は、抑肝散に陳皮と半夏を加えたもの。抑肝散と同様の作用だが、体力が低下し胃腸が弱い人に向く。また、めまいに効く苓桂朮甘湯に血の巡りをよくする四物湯(しもつとう)を加えたのが「連珠飲(れんじゅいん)」と呼ばれる処方。こちらは市販薬で販売されている。

堀場裕子さん
慶應義塾大学病院(東京都新宿区)漢方医学センター医局長・助教。2003年、杏林大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部産婦人科を経て、11年から漢方医学センター。専門は漢方全般、産婦人科。日本産科婦人科学会専門医、日本東洋医学会専門医・指導医。
杵渕彰さん
漢方医学研究所青山杵渕クリニック(東京都港区)所長。1972年、岩手医科大学卒業。都立松沢病院、日中友好会館クリニック所長などを経て、2001年から現職。専門は漢方全般、精神科。日本東洋医学会専門医、日本精神神経学会専門医。

(ライター 佐田節子)

[日経ヘルス2018年12月号の記事を再構成]

健康・医療 新着記事

ALL CHANNEL