マネー研究所

眠れぬ人の法律クリニック

自作小説のトリック、TVに先越された 賞に出せる? 弁護士 志賀剛一

2018/11/22

これはミステリーに限りません。たとえば恋愛ドラマなら、恋人が不治の病にかかる、記憶喪失になるというような作品は多数あります。このため、まったく同じトリックだからといって、あなたの作品が発表できなくなることはありません。

ただし、失礼ながら斬新さに欠ける内容になるでしょうし(私は日本の刑事ドラマを見てそう感じました)、選考者や読者がどう判断するかになります。

■原作の筋書きや内容をもとにした改作は?

しかし、ストーリーまでが似ているとなると、これは著作権法上の問題になりえます。著作権の中にはいくつかの枝分かれした権利があり、典型的なのは複製権です。著作物を有形的に再製する権利として規定されており、コピーなどの方法でそのまま置き換えてしまうストレートなやり方なので、ストーリーが似る程度では複製権は問題になりません。

難しいのは、翻案権と呼ばれる権利に抵触しているかどうかの判断です。翻案とは、一般的な用語では、小説などで原作の筋書きや内容をもとに改作することをいいます。小説の脚本化や映画化が典型例ですが、国や時代設定を変えて原作を作り変えるのも翻案のひとつです。

皆さんは世界中で大ヒットしたミス・サイゴンというミュージカルをご存じかと思いますが、「原作」はプッチーニ作のオペラ「蝶々夫人」です。ミス・サイゴンはベトナム戦争末期のベトナム、蝶々夫人は江戸末期(あるいは明治初期?)の長崎が舞台ですが、いずれもいわゆる「現地妻」の悲哀がテーマになっており、ストーリー展開はおおむね一致しています。

■「似ている」と直感すれば翻案?

ここで著作権法にいう「翻案」の定義について最高裁の解釈をそのまま記載します。翻案とは「既存の著作物に依拠し、かつ、その表現上の本質的な特徴の同一性を維持しつつ、具体的表現に修正、増減、変更等を加えて、新たに思想または感情を創作的に表現することにより、これに接する者が既存の著作物の表現上の本質的な特徴を直接感得することのできる別の著作物を創作する行為」です。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL