WOMAN SMART

キャリア

70歳、第一線で働く女性 息長いキャリアを助言

2018/11/20

■国立女性教育会館理事長 内海房子さん どんな仕事も意味見いだす

うつみ・ふさこ 1971年日本電気(現NEC入社、98年研究開発事務本部長。2001年NECソフト取締役。05年NECラーニング社長。11年7月から現職

――70歳で働いていることは想定していましたか。

「コンピューターの仕事がしたいと技術職約1000人中、唯一の女性として働き始め、実家も職場も徒歩5分の場所に住み、育児をしつつキャリアを積んだ。知人によると若い頃の私は定年を待ち望んでいたそうですが、内閣府の男女共同参画推進連携会議の議員を務めた縁から60代で現職に。今なお現役です」

「職住接近は定年まで勤め続けるためでした。だが、当時は大卒女性もほぼ結婚し家庭に入った。長く働き続ける女性は見当たらず職場では『いつか辞める人』と見られたようだ。5年ぐらい同じ仕事しか与えられず悔しい思いもしました。働き続けたいと伝えなければ周囲は分からない」

――長く第一線で働きたい女性が、若いうちから心がけたいことは。

「好きな仕事を続けられればいいが、人生はそううまく回らない。私もソフト開発の現場から突然、人事課長に。勤務地も本社に移り戸惑いばかりでした」

「だが、待っていた仕事は女性社員の育成。産休取得も事業場で初だったこともあり、私にしかできないと思った。後進の女性たちが気持ちよく働けるよう取り組んだ経験が今につながる。どんな仕事にも意味がある。壁にぶつかっても、なぜその職務を与えられたのか楽しんで考え、課題を崩していってほしい」

――定年や定年後について考えたきっかけは。

「50歳で受けたセカンドキャリア研修だ。仕事も私生活も棚卸しをし改めて人材育成をしたいと気づいた。思いを書き出すとやりたいことが明確になる。65歳を迎え70歳まで働く期間を延ばそうとするだけでは中途半端。40代で計画し50代で飛び立つと次のキャリアが開けるのではないか」>

■定年後にらみ情報提供を ~取材を終えて~

男女雇用機会均等法の施行から30年余りたち、女性の就労が長期化した。女性の定年などを研究テーマにする昭和女子大学現代ビジネス研究所の西村美奈子研究員(58)は、今後20年で380万人の女性が定年に直面すると指摘する。

ただ、女性は前例が少ない分、定年後の人生設計が男性より見えづらいと西村さんは話す。自身も40歳代で定年後が不安になった。企業は50歳を過ぎた人に関連セミナーを開くなど情報提供する必要があると強調する。富士通グループで部長まで務めた西村さんは早期退職を選択。ライフワークとなった現職にたどり着いたのは50代半ばになってからだ。

「人生100年時代」に対し生涯働くのかと負担感を持つ人もいる。ただ、内海さんは研修施設も運営する法人のトップに60代で就き念願の人材育成を推進。山根さんはやりたいことが定年間際に明確になったという。好きな仕事で暮らす2人の姿は元気を与えてくれる。

(女性面編集長 佐々木玲子、岩本圭剛)

[日本経済新聞朝刊2018年11月19日]

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
成功体験を何回積んでも「自己肯定感」が低い人の心
日経ARIA
女子バレー中田久美監督 ロス五輪は「屈辱の銅」だ
日経doors
暗闇ボクシング爆速成長 経営者は20代塚田姉妹
日経DUAL
中学受験からの撤退 挫折感を持たせない方法は?
ALL CHANNEL