大ブレークでも「変わらない」を変える「人との出会い」俳優 田中圭氏 (下)

着用のスーツは「BEAMS F」。伊ファビオ社のウール生地を使った3ピーススーツは、国内有力工場との協業による美しいシルエットと高いフィット感が魅力。ネイビーベースのグレンプレイドというクラシカルな柄ゆきだが、副資材を極力省くことで、現代的な柔らかいたたずまいとしている。12万5000円/ビームスF(ビームス 六本木ヒルズ) 着用の時計は「GRAND SEIKO」ヘリテージコレクション「SBGA203」52万円(セイコーウオッチお客様相談室) シャツ2万9000円/バルバ、タイ1万3000円/ブリューワー、チーフ6000円/スパッカ
ネアポリス(以上ビームス 六本木ヒルズ)
着用のスーツは「BEAMS F」。伊ファビオ社のウール生地を使った3ピーススーツは、国内有力工場との協業による美しいシルエットと高いフィット感が魅力。ネイビーベースのグレンプレイドというクラシカルな柄ゆきだが、副資材を極力省くことで、現代的な柔らかいたたずまいとしている。12万5000円/ビームスF(ビームス 六本木ヒルズ) 着用の時計は「GRAND SEIKO」ヘリテージコレクション「SBGA203」52万円(セイコーウオッチお客様相談室) シャツ2万9000円/バルバ、タイ1万3000円 /ブリューワー、チーフ6000円/スパッカ ネアポリス(以上ビームス 六本木ヒルズ)

「チャレンジを纏(まと)う=スーツ」をコンセプトに、「挑戦し続ける人」を表彰する賞として、日本経済新聞社の「NIKKEI STYLE Men's Fashion」と世界文化社の「MEN'S EX」が共同で今年新設した「スーツ・オブ・ザ・イヤー」。そのアート&カルチャー部門の受賞者、俳優の田中圭さんに、前回に引き続き、「チャレンジ」について聞いた。

<<(上)男の勝負服はやはりスーツだ 「気持ちが引き締まる」




――ドラマ「おっさんずラブ」(2018年、テレビ朝日)で大ブレークしました。以前と今とでは、時間の使い方は変わりましたか。

「あまり変わっていないかもしれないですね。自分は時間の使い方がとにかく下手なんです。生産的な時間を過ごしたいと常に思っているのですが」

「例えば、1日オフができたとしたら、『うわー、どうしよう』と思ってしまうでしょうね。家族と一緒でなかったりすると、一人じゃ何もできないので。趣味という趣味もありません。趣味がないというのが、一番の弱点かもしれません」

「運動するのは好きなので、友人とジムに行ったりはします。ただ、ジムに行ったとしても全部込みでもいいとこ3時間。そうすると、その後どうしたらいいのか。時間の使い方がものすごく下手で。どうしたものかと」

■運動ならバスケットボール

「唯一、『ちょっとやった方がいいんだろう』と思っているのはゴルフくらいでしょうか。やろうとしたことがあるのですが、はまらなくて。運動ならゴルフよりバスケットをやりたいですね。あるバスケのチームに入っていて、そこが毎週必ず体育館で練習をしているので、行けるときには行っています。ただ、曜日も時間も決まっているので、自分が空いていたら行くというかたちです」

SUITS OF THE YEAR 2019

「SUITS OF THE YEAR 2019」は、「NIKKEI STYLE Men’s Fashion」と世界文化社「MEN’S EX」が共同で開催。 「ビジネスや自分のフィールドで情熱を持ってチャレンジし、時代を変えていく才能や志を持つ人」を表彰するアワードです。

>> 詳細はこちら

夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash