ふかふかの人気者を観察 真冬が楽しい動物園10選

NIKKEIプラス1

6位 釧路市動物園
(北海道釧路市) 250ポイント
湿原を応用 自然と同化

フクロウやエゾヒグマといった猛禽・猛獣から、エゾモモンガなどの小動物まで道内の様々な動物を道東の自然環境の中で飼育する「北海道ゾーン」が最大の見どころ。「北海道ゾーンは自然と同化した独特の魅力がある」(清水さん)。園内にもともとあった湿原に作られた全長450メートルの木道散策路も、北海道の自然を体感できる。「釧路空港に近く、遠隔地からの訪問にも適している」(さとうさん)。特別天然記念物のタンチョウの保護・増殖にも力を入れている。

(1)570円(2)12~2月の毎週水曜日、12月29日~1月2日(3)JR釧路駅からバスで55分(4)https://www.city.kushiro.lg.jp/zoo/

6位 多摩動物公園
(東京都日野市) 250ポイント
縦横に走るモグラを観察

約60メートルの標高差がある多摩丘陵の斜面に整備し、敷地の広さは50ヘクタール超。園内では300種を超える動物を飼育している。「日本有数の広い敷地に動物から昆虫まで展示。見どころが多い」(清水さん)。中でも珍しい「モグラのいえ」は、室内を縦横に走るトンネルの内側をモグラが自由に移動する様子を観察できる。「トンネルを走り回るモグラや世界最小の哺乳類であるトウキョウトガリネズミ(モグラの一種)を見られる」(小宮輝之さん)

(1)600円(2)毎週水曜日、12月29日~1月1日(3)京王線、多摩モノレール「多摩動物公園駅」下車すぐ(4)http://www.tokyo-zoo.net/zoo/tama/

8位 那須どうぶつ王国
(栃木県那須町) 230ポイント
トナカイやアルパカ 放し飼い

観光施設が集まる那須高原に立地。「寒い那須の冬のおかげでトナカイやアルパカが生き生き暮らしている」(小宮さん)。体が冷えたら、2018年春新設の屋内施設「WETLAND」へ。放し飼いのハシビロコウやワオキツネザルとの触れ合いを楽しみつつ、温まることができる。「獣舎に人間が入っていく施設が多く、天気が悪くても楽しめる」(内山さん)。1~2月は週末・祝日のみ開園。

(1)1400円(12月3日以降)(2)11月は毎週水曜日、12月は火曜日も。年末年始は開園(3)東北自動車道那須高原サービスエリア・ETC専用出入り口から車で15分、那須ICから30分(4)https://www.nasu-oukoku.com/

9位 長野市茶臼山動物園
(長野市) 200ポイント
レッサーパンダ「まるで野生」

長野市の市街地南西部に広がる丘陵地帯に立地し、レッサーパンダの飼育・繁殖では国内屈指の施設。「雪の日に屋外で観察するレッサーパンダは、まるで野生のような暮らしぶりでとても魅力的」(綿貫さん)だ。ノルウェーの一部などに生息しているライチョウの亜種も飼育しており、「室外にいることが多く冬は、ガラス越しではなく、じかに真っ白な姿を観察できる」(小宮さん)。木曽馬やシバヤギなどの家畜に親しむことができる場所もある。

(1)500円(2)12月~2月末までの毎週月曜日、12月29日~31日(3)JR篠ノ井駅からタクシーで約15分(4)http://www.chausuyama.com/

10位 埼玉県こども動物自然公園
(埼玉県東松原市) 180ポイント
足湯でホカホカのんびり

小動物や家畜も多く飼育している親しみやすい動物園。乳牛の乳搾りは毎日、無料で体験できる。冬限定のカピバラ温泉は入園者も足湯につかって観察できる。「のんびりするカピバラを眺めながら、足元からほかほかと温まれば、幸せな気持ちになる」(とうしばさん)。日本の冬山の象徴ともいえるニホンカモシカも飼育。「自然の山そのままのような広さと豊かな自然の中で、山でカモシカに出会えたような体験ができる」(つまき♪さん)。10月30日にはカピバラの赤ちゃん5頭が誕生した。

(1)510円(2)毎週月曜日、12月29日~1月1日など(3)東武東上線「高坂」からバス5分(4)http://www.parks.or.jp/sczoo/

◇  ◇  ◇

ランキングの見方 数字は専門家の評価を点数化。施設名、所在地。(1)大人の入場料(1日券)(2)当面の休園日(祝日などで変動あり)(3)交通手段(4)施設のウェブサイトURL。2、3、5、6位(2施設とも)の写真は尾城徹雄、ほかは各施設から提供。

調査の方法 動物園に詳しい専門家の協力で、冬場でも楽しめる施設を全国から33カ所リストアップ。専門家に「冬しか見ることができない動物の生態を観察できる」「寒冷地にすむか、冬の寒さに強い動物の魅力を打ち出す取り組みをしている」「寒さを避けられる魅力的・先進的な施設がある」といった評価で評価・ランキングしてもらい、集計した。

今週の専門家 内山晟(動物写真家)▽小宮輝之(上野動物園元園長)▽佐々木隆(企画・編集・データオフィス スリーコード主宰/編集者・ライター)▽さとうあきら(動物写真家)▽佐渡友陽一(帝京科学大学総合教育センター講師)▽清水眞澄(三井記念美術館館長)▽つまき♪(園館活性コンサルタント)▽とうしば やすこ(Gallery Cafe *kirin*オーナー)▽森由民(動物園ライター)▽綿貫宏史朗(NPO法人市民ZOOネットワーク理事)

[NIKKEIプラス1 2018年11月17日付]

NIKKEIプラス1「何でもランキング」は毎週日曜日に掲載します。これまでの記事は、こちらからご覧下さい。

注目記事