マネー研究所

学んでお得

ガソリン代、カードで節約 給油量に応じ使い分け

NIKKEIプラス1

2018/11/22

値引き幅とポイント制度、どちらがお得か確認しよう

マイカー利用者を悩ませるガソリンや軽油価格の高止まり。石油元売り大手のクレジットカードやポイント付与、また、意外なサービスを見直そう。

■クレジットカードの年会費に注意

まずはガソリンスタンド(SS)を展開する大手4社のクレジットカードによる値引きや、ポイント付与戦略をおさらいしておこう。各社がそれぞれ全国の自社SS向けに実施している。一般に、店頭では表示価格通りの代金を表示するが、カードで支払うと、明細上で値引きが適用されたことを確認できる。

年会費は1250円(税別)が相場。初年度は無料というカードも多く、一定以上の金額を利用すれば次年度以降も無料になる場合がある。出光カードまいどプラスとコスモ・ザ・カード・オーパスは年会費が無料だ。

毎月の給油量が多い人はまずは直接的な値引きが気になるだろう。

各社とも、このカード利用実績に応じ、直接的に値引き幅が広がる仕組みだ。

■ウェブ明細で値引き

昭和シェル石油のシェルスターレックスカードは、半年ごとのカード利用金額に応じガソリン代金の値引き幅が決まる。紙の明細書ではなくウェブ明細サービスを利用すると、最大で1リットル当たり13円安くなる。JXTGエネルギーのエネオスカードCは、毎月の利用金額で翌月の値引き幅が決まり、最大で1リットル当たり7円引きだ。

出光興産の出光カードまいどプラスは一律1リットル当たり2円引きだが、追加で「ねびきプラスサービス」に入ると利用額に応じて最大1リットル当たり8円まで値引き幅が広がる。出光カードはね~びきコースを選んだ場合、値引き幅は最大で1リットル当たり20円になる。

全国一律の値引き幅を設定していないのがコスモ石油。コスモ・ザ・カード・オーパスは店舗ごとに設定された会員価格で給油できる。

一方、給油量がそこそこという人は各社のポイント戦略に着目する手がある。ポイントには元売り各社カードのポイントサービスと、各社が加盟する共通ポイントがある。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL