MONO TRENDY

モノ・フラッシュ

「目に優しい」照明 ダイソンとバルミューダが挑む 家電女優・奈津子の家電選び後輩目線

2018/11/29

文部科学省の2017年度学校保健統計調査によると、裸眼の視力「1.0未満」の小学生の割合が32.5%と過去最高を更新しました。バルミューダによると「これはスマホやタブレットなどのブルーライトを含んだ光を長時間見ていることも一因として考えられる」そうです。街中で子供がスマホをいじっている光景はもう普通になってきましたもんね。

従来のデスクライトでは光が自身の頭よりも高い位置にあることから、置く場所によっては頭の影ができてしまうという問題がありました。また、一般的な照明に使われている白色LEDライトはブルーライトのピーク波長が不自然に高いことで、目に対して強い刺激を与えている場合があったり、色の再現性が低いという課題も抱えていたそうです。

この問題を解決するために、バルミューダが取り入れたのが「医療用の手術灯」。手術灯の国内シェア1位の山田医療照明と共同で、真上に照射したLEDの光を特殊なミラーで反射・コントロールする独自技術「フォワードビームテクノロジー」を開発しました。これによって離れた低い位置から光を照射しても、頭や手の影を作らない照明を生み出せたのだそうです。

斜め前方から照射することで、自分の腕や頭など通常は光の邪魔になってしまうはずの体のパーツの影ができないため、使い心地がよかったです

ザ・ライトは医療現場や美術館などで使用されている「太陽光LED」を搭載。実際にザ・ライトの下で試し書きをしてみると、しっかりと明るいけどまぶしくないという印象でした。対象物の本来の色を再現できることから、子供の目の疲労を抑え、集中力を妨げずに使えるのだそうです。これ、私が子供の頃にも欲しかったなぁ……。

個人的に興味深かったのが、「あえて90%に留めた」というデザイン。購入後、子供たちが好きな文房具を入れて、付属のオリジナルステッカーを貼るなどして後の10%を補い、好きな形で完成品(100%のデザイン)にしてもらうことを目指したのだそうです。

ご覧の通り、文房具をたっぷり収納できます
最大6段階まで明るさの調節が可能。明るさ調整時には独自のピアノ風の操作音が鳴ります(音はオフにもできる)

ザ・ライトの直販価格は3万7000円(税別)。前述のダイソンほどではないものの、ちゅうちょせずに財布から出せる金額ではありませんね。でももし自分に子供ができたら、「長期的な目の健康と価格」をてんびんにかけて、結局出してしまいそうな気はします。

■生活に密着する照明の進化に期待

一度設置してしまうと電球を交換するときくらいしか注意を払わない「照明」ですが、さまざまな技術が開発されています。天井に据え付けるタイプのシーリングライトもさまざまなメーカーがユニークな製品を発売しています。

そんな中、ターゲット層や方向性の違いはあるものの、ダイソンとバルミューダが同時に「目の健康を守る」という共通のテーマを掲げ始めたのは興味深い出来事でした。単に明るい暗いではなく、目の健康を考えて選ぶ人たちも増えていくかもしれません

奈津子
女優・タレント。家電製品総合アドバイザー ゴールドグレード(AV情報家電)。元SDN48。特技は茶道、日舞、家電。TOKYO FM「Skyrocket Company」の「家電で快適! 生活向上委員会」コーナー(毎週火曜午後6時ごろ~)にレギュラー出演中。インスタグラムのアカウント名は「natsuko_kaden」

連載「奈津子の家電選び後輩目線」バックナンバー
男の「顔のたるみ」防げ 女優お薦めフェースケア家電
奈津子の音楽生活が激変 BOSEの小型スピーカーに驚き
最新コーヒーマシン ベッドの中からいれたてを準備

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
NTTドコモが店頭の看板から「ドコモ」を消したワケ
日経クロストレンド
日本初「カチッと鳴る」歯ブラシ ライオンが開発
日経クロストレンド
日本電産・永守重信会長 最後の大仕事は大学
日経クロストレンド
30代前半で世帯年収1000万超 好きなブランドは?
ALL CHANNEL