配偶者控除額、夫と妻の所得で判定 年末調整の変更点ファイナンシャルプランナー 風呂内亜矢

国税庁は自動計算できるエクセルのフォーマットも提供

自分で計算するには少し大変な作業ですが、この書類についてはエクセルで自動計算できるフォーマットが国税庁から提供されています。パソコンやエクセルが使える環境にある人は、こちらのフォーマットをダウンロードして使うのがよさそうです。

また、今回のフォーマットが確定申告の書類にかなり似通っていることを考えると、自分で確定申告することに挑戦してもいいかもしれません。毎年1月に国税庁がインターネット上に開設する「確定申告書等作成コーナー」では、所得などの数値を入力するだけで確定申告書を作成できるため、慣れてきたら確定申告相談会や管轄の税務署に足を運ばなくても手続きを終えることができます。パソコンにエクセルが入っていなくてもネットやブラウザなどの環境が条件を満たしていれば利用できるため、確定申告書作成コーナーの方が楽だと感じる人もいるかもしれません。

確定申告については、一部スマートフォンで提出が可能になる動きがあります。マイナンバーカードなどで本人認証をして電子申告をする印象もあるかもしれませんが、書類の作成までを確定申告書等作成コーナーで行って、印刷・投函(とうかん)することで手続きを終えることもできます。

風呂内亜矢
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP認定者、宅地建物取引士。26歳でマンションを購入したことをきっかけにお金の勉強を始める。2013年ファイナンシャルプランナーとして独立。最新刊「ほったらかしでもなぜか貯まる!【なぜたま!】」(主婦の友社)など著書・監修書籍も多数。管理栄養士の資格も持つ。http://www.furouchi.com/

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
注目記事
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし