MONO TRENDY

ヒットを狙え

外装すべてが革張り HPから常識覆すモバイルPC

日経クロストレンド

2018/12/5

米HPの「Spectre Folio(スペクトル フォリオ)」
日経クロストレンド

米HPは本体部分を革で作ったノートパソコンの新製品「Spectre Folio(スペクトル フォリオ)」を2018年10月に発表した(国内では11月29日に発売した)。アルミ製が主流のなかで異彩を放つ同製品は、デザイン部門を再編して経営トップ直属の組織とするHPの新戦略から生まれた。

パーソナル・システムズ部門グローバル・デザインのトップであるステイシー・ウルフ氏は、「これまでのノートパソコンに対する素材の常識を捉え直し、1日中使い続けるライフスタイルにふさわしいものとして、革を選択した」と言う。

ノートパソコンに革製のケースを付けることはあるが、革を外装に使う例は珍しい。実現するために、1枚仕立ての革のシートにマグネシウムとアルミニウムの板を貼り合わせ、スクリーンやキーボードなどの要素を組み立てている。画面サイズは13インチで、色は茶とボルドーの2色。データ入力やエンターテインメント鑑賞などで形状を変えることができ、タブレットとしても使える。

「スペクトル フォリオ」は茶とボルドーの2色。データ入力用やエンターテインメント鑑賞、タブレットなど4通りに形状を変えられる

使いやすさを強化するため、膝の上に置いた際のバランスにも気を使った。さらに背のヒンジ部分には空洞を設け、内部スピーカーの音響効果に役立つように設計している。

■デザイン部門を再編し開発を主導

同社は2012年にデザイン部門を再編成。それまで各事業部に分散していたデザイナーを1カ所にまとめ、経営トップ直属の組織にした。これにより、エンジニア主導で作り上げられてきた製品が、デザイナー主導になったという。デザインを単に機能の一部として活用するのではなく、戦略の中核に位置付けるようになった。スペクトル フォリオは、そうした変化から出てきた製品だ。

革の質やエンボス加工、ステッチなどの仕上げにもこだわり、長く使える素材として扱うことに留意した。デザインの枠にとどまらず、ファッションの一部にもなりそうだ。

1枚の革に精密加工を施したマグネシウムとアルミニウムの板を貼り合わせて組み立てている。簡単に分解することもできる

「これは新しい機会を探る試み。最新テクノロジーがファッションと同じ方向を向いている製品を作り、独自のアプローチを探求する初めての製品と言える」とウルフ氏。

革製品の歴史は長いが、それを最新テクノロジーと統合したことで、新しい視点が与えられた。「金属部分が見えなくなったことで、今までとは異なる新たなユーザー層が広がるのでは」とウルフ氏は期待する。

市場が成熟してきたノートパソコンのような製品は、これまでとは全く異なったデザインを与え、捉え直す時期が来ているのかもしれない。デザインを工夫すれば、新しい分野の開拓にもつながりそうだ。スペクトル フォリオの試みは、それを確認する機会になるだろう。

ロンドンの発表会で説明するウルフ氏(左)と、パーソナル・システムズ部門コンシューマー・デザイン担当副社長のケヴィン・マッサロ氏

(ライター 瀧口範子)

[日経クロストレンド 2018年10月24日の記事を再構成]

「マーケ・デジタル戦略」が分かるデジタルメディア、日経クロストレンド

「日経クロストレンド」では「P&Gマフィア」「AIを使ったリアル店舗の逆襲」「クルマ・鉄道を変えるモビリティ革命『MaaS』」「中国ネット企業の実情」など、次の時代を予見するマーケティング・デジタル戦略の特集記事を毎月たっぷりお届け。マーケ担当者に加えて、経営者・役員やIT担当者など、幅広い層に読んでいただいています。


MONO TRENDY 新着記事

ALL CHANNEL