時計本体はベンジンで汚れ落とし 裏と継ぎ目を入念に腕時計 美しさ取り戻すお手入れ術(1)

2018/11/10

ビジネスシーンで想像以上に見られるのが手元。腕時計が汚れていたり、におったりしたら残念な印象を相手に与えてしまいます。大切な腕時計こそ、人任せにせず自分でお手入れしましょう。ポイントさえ押さえればクリーニングは簡単。1カ月に1回で本来の美しさを取り戻すことができます。タイプ別に全4回、動画で手順をお伝えします。今回は「本体」編です。

(2)ステンレスベルトの皮脂汚れ 金属用クリーナーが効く>>




まずは、クロス、綿棒、ベンジンを用意します。量販店や薬局などで手に入ります。次に、時計本体の「リューズ」と呼ばれるつまみ部分がきちんと締まっているかどうかをチェック。お手入れの際に、内部に水分が入らないようにします。

いよいよお手入れ本番。ベンジンを綿棒の先に少量つけて、汚れを取っていきます。本体とベルトの継ぎ目や、手首と接触する裏側部分は、皮脂や汚れがたまりやすいので特に入念に。仕上げはクロスで時計全体を丁寧に拭いてください。輝きがよみがえります。

監修:ゼンマイワークス 佐藤 努 衣装:メーカーズシャツ鎌倉、麻布テーラー

「How to」記事一覧

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019