街乗りからオフロードまで オトナの125ccバイク5選

オフロード遊びが楽しめる125CCバイクも
オフロード遊びが楽しめる125CCバイクも

縮小傾向が続く国内二輪市場。その中で期待されているのが125ccクラスのバイクやスクーターだ。「通勤や買い物に便利 オトナの125ccスクーター4選」で取り上げたように2018年7月11日に道路交通法の施行規則が改正され、必要な技能教習が最短2日間で修了可能となったことで注目が集まった。今回は大人のための遊び心あふれる125ccの5モデルを紹介しよう。

日本における原付き二種というと、通勤通学や買い物に便利なスクーターのイメージが強いが、今年になってホンダを筆頭にマニュアルトランスミッションを採用する嗜好性の高いモデルが相次いで登場している。

これはインドや東南アジアの各国が世界の二輪車市場をリードしているという事情も大きく関係している。東南アジアの二輪車は250cc以下の小排気量クラスが主流だからだ。国内外の二輪メーカーはこれらの国々の市場を見据え、小排気量エンジンを搭載するいわゆる「世界戦略車」を続々と登場させているのだ。

原付き二種の長所は軽二輪車(126~250cc)や小型二輪車(251cc以上)に比べ、免許取得費用や自動車税、保険料などの維持費が格段に安くて経済的でありながら、バイク本来の軽快な走行性能も堪能できることである。経済的という意味では原付き一種はさらに上をいくが、エンジンパワーが乏しく、30km/hの法定最高速度や二段階右折といった制約にもしばられるため機動力は大きく劣る。

原付き二種は自動車専用道路や高速道路を走行できないところは弱点だが、エンジンパワーがほどほで車体が軽いため扱いやすい。そして燃費にも優れる。現在はフルカウル(風防)付きの本格的なロードスポーツモデルからダート走行が楽しめるモデルまで、バリエーションも多彩。バイクライフの入門にはうってつけのクラスだ。

ホンダ「モンキー125」

大きくなっても可愛らしさは変わらず

2017年に生産を終了し、惜しまれつつも50年に及ぶ長い歴史に幕を下ろした50ccバイク、モンキー。モンキー125はその後継車にあたる。

モンキーは現代のバイクとしては他に類を見ないほどコンパクトな車体が特徴だったが、このモンキー125ではホイールサイズが8インチから12インチになるなど、全体的にひと回りスケールアップしている。

というのもこのモンキー125はタイで生産され、東南アジアなどでも広く販売されている「グロム」をベースにしたものだからである。車格が上がったことで小動物のような愛嬌(あいきょう)はやや薄れてしまったが、タックロールタイプのシートやクロムメッキが施されたスチール製の前後フェンダー(泥よけ)、マフラーカバーなど、専用パーツをふんだんに使ってオリジナルのスタイリングをうまく再現している。

わざわざスイングアーム(後輪を支持する構造部材のこと)を専用設計し、リアサスペンションを古典的な2本ショック仕様にしたことで、グロムの「着せ替え」にとどまることなく、しっかりと個性を打ち出している。

オリジナルのモンキーはクルマの流れについていくのがやっというバイクだったが、こちらは街乗りからツーリングまで幅広いシチュエーションに対応できる十分な運動性能をもつ。

ブレーキは前後ともディスクブレーキで、フロントブレーキのみABS(アンチ・ロックブレーキ・システム)を装着したタイプも用意される。過去の名車を模したレトロなスタイルに近代的なメカニズムを組み合わせた「ネオレトロ」な製品は四輪だけはなく、二輪でも大きなトレンドとなっている。

ホンダ「モンキー125」 
サイズ:全長1710mm×全幅755mm×全高1030mm 
シート高:775mm 
タイヤサイズ:前120/80-12、後130/80-12 
燃料タンク容量:5.6リットル 
装備重量:105kg(107kg) 
エンジン:124cc空冷4ストローク単気筒OHC2バルブ 
最高出力:6.9Kw(9.4PS)/7000rpm 
最大トルク:11Nm(1.1kgf・m)/5250rpm 
燃料消費率:67.1km/L ※WMTCモード値 クラス1  1人乗車時
価格(税別):37万円(40万円) 
※()内はABS付きモデル
次のページ
オフロード遊びが楽しめる本格派
MONO TRENDY連載記事一覧