東日本でも北海道、東北だと首位は佐藤だが、関東、東海だと首位は鈴木になる。そもそも佐藤は藤原家の流れをくむ子孫で、かつての中下級官僚クラスが名乗った名字だとされる。鈴木はもともと愛知に多い名字で徳川家康が全国を統治するのに伴い、関東地域にも広がった。ランキングの分布もまさにそれを裏付ける形になっているのだ。

東西の境界線をまたぐと、西日本では田中や山本が名字の上位にくるようになる。田中は近畿から中国、九州に多く、山本は瀬戸内沿岸の中国、四国に多い。そもそも田中は田んぼに囲まれたことを示す地形姓。山本は山の麓で、水を得たり、田畑を耕作したりするのに有利な立地にあったことを示す地形姓。どちらも温暖で農耕が盛んだった西日本に多い名字だとされる。

なぜ徳島と大分の首位が佐藤? 武士の移住などが理由か

不思議なのは徳島。東日本に多い佐藤がなぜか首位に食い込んでいる。これについて、名字専門家の森岡浩さんは「鎌倉時代に関東から多くの武士たちが移り住んできたためではないか」と推測している。

大分でもなぜか佐藤が首位になっている。これも森岡さんによると、「源義経が源頼朝にそむいた際、これにしたがって敗れた有力豪族の所領が没収され、関東の御家人に分け与えられたためではないか」とみている。

このほか佐藤、高橋など東日本に多い名字が、中国や四国、九州の一部の上位ランキングにも顔を出している。これらも、合戦や統治機構の人事などで大きな人の移動があったことなどが関係しているのではないかと考えられる。

沖縄については、やはり地理的に離れているため、名字の分布もかなり独自性があるようだ。しかもトップ5のうち4つまでが名字に「城」がついているのは興味深い。

最も長い名字は? 自分のルーツを探ってみよう

有名人でも知人でも、名字と出身地の関係を思い浮かべると、このランキングの分布に符合する部分は多い気がする。少なくともいくつかの傾向を頭の片隅に入れておけば、商談や酒席で格好の話題になりそうだ。

最後に長い名字にはどんなものがあるか紹介しよう。

4文字だと勅使河原、勅使川原、小比類巻、長宗我部、日根野谷、一番ケ瀬などがあがっている。最高では5文字の名字もあるそうだ(プライバシーへの配慮から同調査では公表していないが、名字関連の書籍では左衛門三郎などが紹介されている)。名字の分布には様々な祖先の歴史が密接に結び付いている。時間があれば、自分のルーツについても調べてみてはどうだろうか。

エンタメ!連載記事一覧