非常時にも活躍 使いやすいアウトドア用コンロ5選

代表的なものには、スウェーデンのトランギア、国産ではエバニューなどがある。特にエバニューの「チタンアルコールストーブ」(税抜き3800円)は、わずか34gと軽量なうえ、直接カップを載せてお湯を沸かすことができる。ゴトクや風防、クッカーなどのオプションも充実している。

キャンプにも災害時にもマルチに使うには、風防を兼ねた組み立て式スタンド(ゴトク)がセットになった「アルコールストーブスタンドDXセット」(税抜き7600円)や、クッカーとスタンドをセットにした「チタンポット500ストーブセットRED」(税抜き1万1700円)を提案したい。組み立て式のスタンドの中にアルコールストーブが格納でき、さらに容量500mlのクッカーに収まるというコンパクトなシステムだ。

エバニューの「アルコールストーブスタンドDXセット」(税抜き7600円)
「アルコールストーブスタンドDXセット」はアルコールストーブに組み立て型のスタンドがセットになっている

クッカーもセットになった「チタンポット500ストーブセットRED」(税抜き1万1700円)

ガスコンロと比べて火力が弱いとされているアルコールストーブだが、スタンドの空気孔から引き込まれた空気が熱により上昇気流となり、効率的な酸素供給が行われて安定した強い火力が得られる。セットのチタンポットは、底面に段差がありスタンドと噛み合って使用時の安定性を高めている。

燃料用のアルコールは薬局でも購入できるので入手も簡単。ススや臭いもほとんどなく、燃焼時の音も静かなので夜のキャンプ場でちょっとお茶を入れたいなどの際にも気軽に使える。手入れが簡単で故障する部品もほとんどないので、いざという時に使えないといったトラブルが少ないのもメリットだ。

コンパクトで高出力なキャンプ用コンロの代名詞

キャンプ用のガスコンロとして世界的にも有名なのが「プリムス P-153 ウルトラバーナー」(税抜き9000円)だ。キャンプ用のOD缶を使用するので非常用だけの用途には向かないが、これからアウトドアデビューしたいという人にとっての最初の1台としてオススメだ。

「プリムス P-153 ウルトラバーナー」(税抜き9000円)
きわめてコンパクトに収納できる

X字型のゴトクが風防を兼ねており、クッカーの安定性と火力の安定性に貢献している。アウトドアでは強風によって炎が消えてしまうことがあるがX字ゴトクで4分割されているため、一区画が消えてしまっても残りの区画は消えずに火力を維持できる。OD缶とあわせて収納できるコンパクトさ、圧電点火装置が備わっており点火が容易なことも、オススメする理由だ。

ビギナーからベテランまで幅広く愛用者がいる定番モデルなので、アウトドアだけでなく災害時においても、ユーザーを裏切らないアイテムといえるだろう。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
侮れない実力を秘めた固定燃料のコンロ
MONO TRENDY連載記事一覧