ブルース・ジャズ・ロックを生で体感 米3大都市巡り

シカゴ、アトランタ、マイアミの3都市は文化を味わいながらの音楽体験ができる(写真はイメージ=PIXTA)
シカゴ、アトランタ、マイアミの3都市は文化を味わいながらの音楽体験ができる(写真はイメージ=PIXTA)

2018年11月16日から日本全国で上映される『アメリカン・ミュージック・ジャーニー』という映画がある。主演は『Wake me up』が大ヒットしてグラミー賞にノミネートもされたアロー・ブラックで、ブルース、ジャズ、ロックンロールと米国の音楽のルーツを自身の中に取り込む旅を経て、新しい曲を作り上げるというストーリー。この映画をなぞるようにシカゴ、アトランタ、マイアミを巡って、米国の音楽を生で体験する旅をした。

建築の街シカゴを川から眺める「シカゴ・ファースト・レディー・クルーズ」

高層建築とアートの街シカゴでブルースに酔う

ビル建築の展覧会といわれるほど摩天楼が美しいシカゴ。ニューヨーク、ロサンゼルスに継ぐ大都会で、朝からビジネスパーソンが忙しく行き交うが、一方で、ブルースやジャズなどを楽しめるライブハウス、米国の三大美術館の一つシカゴ美術館や数々の屋外アートなど米国のカルチャーを満喫できる街でもある。

ミレニアムパークの「クラウン・ファウンテン」。巨大なスクリーンに映し出されるのはシカゴ市民の顔

シカゴが古くから交通の要衝として栄えたのはミシガン湖があったから。まるで海のように広い湖に臨むホテル「Wシカゴ レイクショア」は、アートの街にふさわしいコンテンポラリーなデザインだ。夜にダウンタウンに繰り出してライブハウスへ。

「ハウス・オブ・ブルース」で演奏されたのは客に語りかけるようなブルース

『ブルース・ブラザーズ』という映画で主演をしたダン・エイクロイドがかつてのオーナーという「ハウス・オブ・ブルース」。アコースティックギターの弾き語りだったブルースにエレキギターが加わったシカゴ・ブルースといわれるスタイルで、プレーヤーがお客とからむ。食事を楽しみながら気軽に聞ける店だ。

キングストン・マインズでは2つのステージで交互にミュージシャンが演奏し、途切れなく盛り上がれる

もう一軒ということで、シカゴで最も古くて最も大きい有名クラブ「キングストン・マインズ」へ。連日満席となる人気店で、ブルースが根付いているシカゴの街を体感できる。

日本からは羽田、成田空港ともに直行便が飛ぶシカゴ。羽田から唯一デイリーで運航している全日本空輸(ANA)では、行きは午前に出て朝到着でその日が使え、戻りは夕方発で翌日夜着とゆっくりしたスケジュール。昼間の観光は、名建築の数々をミシガン湖に注ぐシカゴ川のクルーズで一挙に楽しめる「シカゴ・ファースト・レディー・クルーズ」や、スーラ、モネなどの印象派をはじめ名画の数々をガラスなしで鑑賞できるシカゴ美術館がおすすめだ。

次のページ
キング牧師の生地アトランタで本物のラップに出合う