出世ナビ

女性管理職が語る

働き方改革で挑む心身の健康づくり 良い商品の源泉に 積水ハウスCSR部長 小谷美樹氏

2018/11/8

このシステムを活用し、仕事はしたいが、子育てや介護で時間的な制約のある社員には、週に2回まで自宅で業務ができる在宅勤務制度を導入しました。社外で業務する全社員にもタブレット端末を支給することで、建築現場から業務処理ができるなどの業務効率が格段に向上しました。

これだけではありません。就業時間の繰り上げや繰り下げなど社員の事情に応じて柔軟に働けるようにし、多様な人材が活躍する風土が育ちつつあります。

さらに現在、ESG(環境・社会・ガバナンス)経営の「S(社会)」に当たる取り組みも進めています。最高の住宅を提供するには社員の健康が重要と認識し、「健康経営」の方針を立て、社員の心身の健康を図る会社づくりをしています。

当社の企業理念の一つに「人間愛」があります。従業員の幸せに直結する心身の健康を高める制度・職場風土を整え、働き方改革を推進することで、多様な全ての社員の主体的な健康づくりを支援し、事業を通じて社会に貢献する後押しをしていきたいと思います。

こたに・みき
1988年積水ハウス入社。住宅設計などを担当。92年に1級建築士の資格取得。2004年開発部課長、14年経営企画部ダイバーシティ推進室部長、18年CSR部長。

[日経産業新聞朝刊2018年11月1日付]

マネジメント層に必要な4つのスキルを鍛える講座/日経ビジネススクール

会社役員・経営幹部の方を対象とした、企業価値を高める経営の実務に役立つビジネス講座を厳選

>> 講座一覧はこちら

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL