女らしさとスポーティーの融合 来春夏の最新トレンド2019年春夏ミラノ・ファッションウイークから

革と職人技、イタリアらしい存在感

Salvatore Ferragamo 2019年春夏ミラノコレクション (c) Courtesy of Salvatore Ferragamo

レザーの存在感が大きかったことが、今回のミラノの変化点です。もともと靴が有名な「Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ フェラガモ)」は、軟らかくなめしたレザー仕立てのスカートやコートで軽やかな装いに仕上げてみせました。革への自負と、手仕事の職人技にイタリアらしさが薫ります。

遊び心あるアート柄とクラシックなシルエットの融合

MOSCHINO 2019年春夏ミラノコレクション (c) Courtesy of MOSCHINO

毎回、ミラノで最もいたずらっぽいショーを見せてくれる「MOSCHINO(モスキーノ)」。大半の服に描き込んだキーモチーフは、書き損じの際にぐちゃぐちゃとペンを走らせて描く波線。タイトスカートのクラシックなシルエットに、アートのような大胆な柄をあしらって、ウィットを忍び込ませました。ミニ丈ワンピースや細身スーツもノスタルジックな風情を帯びていました。

優美でありながらスポーティー

MAX MARA 2019年春夏ミラノコレクション (c) Courtesy of MAX MARA

片方の肩を露出する「ワンショルダー」のシルエットは19年春夏に盛り上がりそうな気配です。「MAX MARA(マックスマーラ)」はワンショルダーやラッフル(ひだ)を多用して、りりしさとたおやかさを同居させました。肩を張ったフォルムは「強い女」のムード。斜め掛けのボディバッグ、髪を覆うスカーフはスポーティー感やイスラム風のテイストを呼び込みました。

みずみずしく機能的な装い

ANTEPRIMA 2019年春夏ミラノコレクション (c) Courtesy of ANTEPRIMA

日本人デザイナーの荻野いづみ氏がミラノで発表し続けている「ANTEPRIMA(アンテプリマ)」はPVC(ビニール)素材を布のように用いて、みずみずしくつややかな見栄えに整えています。元気な色使いもポジティブな印象。ミニ丈ワンピースやウエストポーチなど動きやすそうな機能的アイテムが、アクティブで愛らしい雰囲気を寄り添わせていました。

◇  ◇  ◇

今回のミラノでは、エトロがシンボル的なペイズリー柄をテーマにした展覧会を開いたり、仕立ての技術やレザーに強みを持つブランドがその特徴を押し出したりと、原点回帰の動きが強まりました。

その一方で、サイクリングやサーフィンといった活動的なスポーツの気分が持ち込まれ、色使いや輝きが強調されていました。体を締めつけないたおやかなシルエットと、丁寧な仕立てを融合したスポーツテーラリングが「ミラノ流」を印象づけていました。

宮田理江
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。ランウエーリポートやトレンド情報、リアルトレンドを落とし込んだ着こなし解説などを多彩なメディアで発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした「買う側・着る側の気持ち」に目配りした消費者目線での解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(学研パブリッシング)。公式サイト:http://riemiyata.com/