ライフコラム

井上芳雄 エンタメ通信

すてきなサプライズ 堂本光一君に感謝(井上芳雄) 第32回

日経エンタテインメント!

2018/11/3

井上芳雄です。10月27日に東京国際フォーラムで『井上芳雄 by MYSELF スペシャルライブ』を開催しました。僕のラジオ番組『井上芳雄 by MYSELF』(TBSラジオ)から生まれたコンサートで、昨年に続いて2回目。18時30分に開演して、終わったのが22時15分。3時間の予定が大幅に延びて、3時間45分やってしまいました。僕はフルマラソンを走ったことがないですけど、走ったらこんな感じなのかなというくらい心地よくて、すごく楽しかったし、幸せでした。

10月27日に開催された『井上芳雄 by MYSELF スペシャルライブ』(東京国際フォーラム)。ステージ上にはラジオブースが設けられ、井上芳雄、ピアニストの大貫祐一郎、秋山瞬ディレクターが番組収録の様子を再現

構成は1部と2部に分かれていて、1部はポップス、2部はミュージカルの曲を中心に歌いました。ゲストには昨年に続いて田代万里生君、そして生田絵梨花さんが来てくれました。10月まで僕が出演していたミュージカル『ナイツ・テイル-騎士物語-』のメドレーを歌った後には、見に来てくれていた共演者の堂本光一君と上白石萌音さんがステージに上がって、一緒に歌ってくれるサプライズもありました。

光一君や萌音ちゃんとは大阪公演の間、「『ナイツ・テイル』が終わるのは寂しいね」と、ずっと言ってました。終わったあと、光一君からは「激しく『ナイツ・テイル』ロスです」というメールも来ました。それで今回、開演直前に会った時に、「久しぶりに会えてうれしいね」とお互い喜びあって、「来ていることを言っていいよ」と。それで紹介したら、「一緒に歌いたかったなぁ」と言うので、「じゃあ、歌おうか」と。僕はまさかステージに上がってくれたり、歌ってくれたりすると思ってなかったので、本当に予想外の出来事の連続です。

2人は正真正銘、一緒に歌いたかったという気持ちだけで出て来てくれて、コンサートを盛り上げてくれたので、その友情にすごく感動しました。感謝という言葉しかありません。こんなサプライズってすてきだなと感じたし、会場やライブ・ビューイングで見ていたお客さまにとっても、特別な時間になったと思います。

田代万里生が『オペラ座の怪人』のクリスティーヌ役で井上芳雄とデュエット

万里生君がはっちゃけて、ミュージカル『オペラ座の怪人』のヒロイン、クリスティーヌのパートを歌ったり、いろいろ驚かせてくれたのもすごかったですね。彼はもう独自の道を行ってます(笑)。昨年はミュージカル『レ・ミゼラブル』のコゼット役でデュエットしたのですが、今年は実際にコゼットを演じた生田さんを交えて歌ってもらい、僕がどっちを選ぶかという「コゼット総選挙」をやりました。一歩間違えば、宴会の出し物になりかねないところですが、そういう遊びも成立するのが、このコンサートの不思議かつ面白いところです。

それで思ったのが、最近は男同士でイチャイチャする流れになることが増えているなと。この日の万里生君とのからみもそうだし、ラジオ番組でのピアニストの大貫祐一郎さんとのトークもそう。『ナイツ・テイル』も男同士の友情の話だったし、光一君に対しては「本当にかわいい人だな」と思ったりもします。気がついたら、気が置けない同性に囲まれているんです。僕自身は、それは全く嫌じゃないし、なによりすごく楽です。お客さまもそれを喜んで受け入れてくれているので、自然な流れなのでしょう。そんな気づきもありました。

田代万里生と生田絵梨花、どっちのコゼット役が井上芳雄の心をつかむかを競う「コゼット総選挙」

ライフコラム 新着記事

ALL CHANNEL