マネー研究所

ポイント賢者への道

ローソンでポイント還元5% お得な支払い方法とは ポイント賢者への道(87)

NIKKEIプラス1

2018/11/7

写真はイメージ=PIXTA

コンビニ大手のローソンが次々と新しいキャッシュレス決済サービスを導入しています。ポイントが付くものもあって良いのですが、利用者からすると、何で払えばお得なのか迷ってしまいそうです。今回はローソンで使える有利な支払い方法を見ていきます。

ローソンでは各種のクレジットカードのほか、数え切れないほど多種の電子マネー、コード決済に対応しており、さながらキャッシュレス決済の見本市です。最近では例えば、利用者自身がアプリで商品バーコードを読み取って会計する「ローソンスマホペイ」の対応店を増やしています。

方法別に還元率を見ていきましょう。ごく普通の方法はポイントカード(Pontaカードまたはdポイントカード)の提示です。還元率は現金払いの場合が1%。クレカ払いならその独自ポイントも獲得できます。ローソンのクレカでPontaと一体化したものもあり還元率は2%です。

数多い方法の中でとりわけ有利なのは「dカード」というNTTドコモが発行するクレカです。ローソンでの利用に特典があり、このカード1枚を使うだけで実質的に5%の還元を受けられます。2%分のdポイントが付くほか、カード会社からの請求時に代金が3%割り引かれます。dカードはドコモの回線利用者に限らず申し込みが可能です。年会費は初年度が無料、2年目以降は前年に1回でも利用があれば無料です。

スマホ決済を使いこなせる人なら「LINE Pay」とポイントカードの併用もお薦めです。前述のようにカード提示に伴う1%分に加え、コード決済時に通常3.5%(3%分は2019年7月末までの期間限定)のLINEポイントを獲得でき、合計還元率は4.5%です。ローソンで頻繁に買い物をする人は考えてみてください。

菊地崇仁
北海道札幌市出身。1998年に法政大学工学部を卒業後、NTTに入社。社内システムやLモードの料金システムの開発などに携わり、2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。06年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。一般からプラチナまで、57枚のクレジットカードを所有。

[NIKKEIプラス1 2018年11月3日付]

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL