出世ナビ

次世代リーダーの転職学

年収1000万円稼ぐ人たちの転職 何が大きく違うのか ミドル世代専門転職コンサルタント 黒田真行

2018/11/9

年収1000万円以上で転職する人たちは意識の面でも特徴がある。写真はイメージ=PIXTA

年収1000万円――キャリア相談の場でミドル世代の方に希望の年収額をお聞きすると、いわゆる大企業で部長職以上の役割を担われているケースでは、やはりこのラインがひとつの基準になるようです。国税庁が9月に発表した「民間給与実態統計調査(平成29年分)」によると、年収1000万円以上の方は給与所得者全体の4.5%。この層の方の転職活動は、年収1000万円未満の方々と何か違いがあるのでしょうか。いくつかの興味深いデータからひもといてみましょう。

■50代会社員の2割が年収1000万円以上

転職サービスの「doda」が調査した「平均年収ランキング2017」で、年収1000万円を超える人の割合を年齢帯別に見ると、

●20代 0.3%
●30代 1.8%
●40代 7.3%
●50代 19.7%

と、年齢に比例して急増しています。

50代ともなると、5人に1人が1000万円以上稼いでいて、この世代の最大多数です。これは年功序列という見方もできますが、実際には、経験年数が増えればスキルが上がり、スキルが上がると成果も大きくなり、成果が大きくなると権限や役職も重くなり、年収が上がる、という構造が大きく影響しているものと思われます。

キャリア相談でお会いするホワイトカラーやエンジニアの方の中には、特に35歳を超えると「できれば年収1000万円以上稼ぎたい」と希望する方が急増する傾向があります。しかし、30代、40代でその希望がかなう方は10%に満たないというのが現状のようです。

とはいえ、モノづくりのように経験値がモノをいう積み上げ型の仕事の割合が徐々に減り、ウェブサービスに代表される、スキルや戦略次第で一気に価値が上がる爆発型の仕事が増えつつある流れの中では、今後、年齢と年収の相関関係は弱くなり、若くても高収入を稼ぎ出す人たちが増えていく可能性は大きいと思われます。

年収1000万円以上の層の転職理由は「自分の能力を試したいから」がトップ。写真はイメージ=PIXTA

■年収1000万円以上の転職理由は?

エン・ジャパンが運営する転職サイト「ミドルの転職」では、35歳以上のユーザーを対象にした調査が多数発表されていますが、年収1000万円以上という切り口での調査結果をご紹介しましょう。

ひとつめが「転職を考えたきっかけ・転職理由」(35歳以上のミドルの「転職理由」調査)。ミドル世代全体の転職理由を集計した結果では、トップ3は、

●第1位 会社の考え・風土が合わない 32%
●第2位 会社の将来に不安がある 28%
●第3位 職場の人間関係がよくない、上司や同僚と合わない 25%

という結果だったそうです。

出世ナビ新着記事

ALL CHANNEL