動画

ナショジオ動画

愛らしいキリンの赤ちゃんの奮闘 実は生死の分かれ目

日経ナショナル ジオグラフィック社

2018/11/9

ナショナルジオグラフィック日本版

アフリカのサバンナは弱肉強食の世界。生まれたその瞬間から、生き残る術を学ぶ必要がある。キリンの赤ちゃんの動画は、そのことを教えてくれる。

キリンの妊娠期間は、およそ15カ月。胎児はこれだけの時間をかけて、母親の胎内で十分に成長する。したがって、キリンの赤ちゃんは生まれたばかりでも体重が約100キロ、体長は1.8メートルを超える。

産み落とされた赤ちゃんは、一刻も早く立とうともがき始め、通常、30分以内には立ち上がる。今回の映像には、そんなキリンの赤ちゃんの奮闘する姿が映っている。人間の赤ちゃんのよちよち歩きのようで愛らしくも見えるが、キリンにとっては、生と死を分かつ瞬間でもある。

キリンの脳を研究してきたイタリア、パドヴァ大学の神経科学者ジャン・マリー・グレース博士は、キリンは生まれた時点で「小さなおとな」だと言う。「神経系は誕生の段階で既にできあがっており、1歳になった人間と同程度に歩く準備ができています」と同氏。人間の赤ちゃんとは違い、キリンの赤ちゃんの神経系(皮質脊髄路)は生まれながらにして筋肉に命令する準備ができている、と説明する。

捕食動物にねらわれるキリンなどの有蹄類は、筋肉の成長にエネルギーを集中する。言うなれば、キリンにとっては、賢くなることよりも走れることが優先なのだ。

それもそのはず、捕食動物が多くいる地域でのキリンの赤ちゃんの死亡率は50%以上にもなる、と保護団体「キリン保護基金」の共同創設者ステファニー・フェネシー氏は言う。

キリンの子どもをねらってやってくるのは、ライオンやハイエナといった捕食者だ。敵が襲ってくると、母親は子の前に立ちはだかり、敵を蹴りつける。ただし、母キリンが子どもをずっと守っていられるわけではない。日中は食料や水を探して何時間も子から離れる必要がある。そして親がいない間、子は攻撃されやすい。

(日経ナショナル ジオグラフィック社)

[ナショナル ジオグラフィック 2018年9月11日付記事を再構成]

詳しい記事はこちら

動画 新着記事

ALL CHANNEL